テニス フットワーク

フットワーク

相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう

今回は、とっておきのテニスの裏ワザ、お伝えします。

経験則、からですが・・・結構これって、使えると思いますよ。

ちょっとだけ・・・意識してみて下さい。

決定力、上がるはずです。

 

相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう

 


 

1.右利きの人、は右側に動きやすい

普段、なかなか意識している人は少ないと思います。

人は、急に不意を突かれたときに、無意識に反応している。

そこには、ある法則があることに気付いてほしい・・・のです。

右利きの人は、相手のどうしようもないチャンス、のときにどうすると思いますか?

そう、右側に動くことが多いんです。

 

2.相手のラケットを最後まで観察するくせ者は、厄介だけど!

厄介なのは、相手のラケットを最後まで見て動く相手。

これは確かに、厄介です。

アナタ自身が逆を突こう、と思っていることも見透かしている訳ですからね。

ですが、そうじゃない相手の方が圧倒的に多いはず。

まずは、相手のタイプを見極めましょう。

見極めて、利き腕側に動きやすい相手か、それともギリギリまで待つような相手か・・・。

 

3.テニスの試合で、チャンスボールは読まれても気にしないこと

自分のチャンス、緊張しますよね。

テニスの試合、大事な場面、相手の動きは気にしないことです。

目には入って来ますが、自分のショットに集中する。

そこで読まれても、良いショットを打っていればそれで問題無い。

相手の動きを気にしてしまう、それこそ相手の思うツボですからね。

今回は、利き腕側に相手が動きやすい、というお話でした。

だったらまずは、相手の利き腕と逆側、にどんどんチャンスボールはボールを運んでみましょう。

まずはそれだけです!

 

拾われたら、どうしよう・・・と思い過ぎないこと。

そして、相手の動きには何か法則が無いか、常に考えること。

この研究は、尽きることがありません。

「やってみたけど、全然反撃されたし!」という人もいるでしょう、こうやって記事に書いてますしね。

だったらまた、新しく研究していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている

    試合の中で、「この相手、スライス苦手だな・・・」と分かるとき。…

  2. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

    前に足を踏み込まない、オープンスタンス。これを武器に、粘るスタ…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

    ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。この音が…

  4. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる

    ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?…

  6. フットワーク

    浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い

    テニスについて、よく知っている。試合で強い人は、この前後の動き…

特集記事

  1. テニス 不安

    その他

    テニスの部活やサークルの中で、「周りが自分に合わせてくれる」ことをどこかで期待し…
  2. 戦術

    4ポイントのシナリオ、を意識してみよう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ…
  4. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い
  5. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
PAGE TOP