テニス ボレー

フットワーク

ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる

ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?

「足も遅いし身長も低いから、きっと守備力は低いな・・・」と思っている人、残念過ぎる。

実はテニスという競技も、自分の態勢を低くするだけで各段に守備力は上がる。

今回はその理由について、まとめてみます。

 

ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけで守備力は上がる

 


 

■低い態勢だと、ボールの「下側」を触れる!

守備、ということは、まずしっかり相手コートにボールを返球しないといけない。

しっかり返球する為には、ボールの下側を触って、山なりな返球にしないといけませんよね。

そう考えると、低い態勢で目線を落とす、足をしっかり開いてスタンスを広くする。

グリップはスライス、ボレーのグリップで、少し打点が後ろになっても対応出来るように準備しましょう。

自分の打ったボールが浮いてしまう、その瞬間から態勢の変更が求められます。

 

■低い態勢になると、実はアウトボールもしっかりウォッチ出来る

低い態勢で良いことは、まだたくさんあります。

守備力が高い、ということは相手のアウトボールを不用意に触らなくなる、ということ。

相手はチャンスを決めようと必死になっている可能性が高いので、当然ふかして「アウト」になるようなボールも増える。

そのときに、自分の態勢が高い、腰が浮いているような感じだと・・・触ってしまうと思いませんか?

低い態勢なら、ボールを下から見れるのでしっかりウォッチ出来る。

相手からしても、スタンスを広く守備している相手には力が入るもの。

どんどん力んでもらって、アウトを量産してもらいましょう。

それもアナタ次第です。

 

■低い態勢でも、背筋は伸ばして頭を下げないことが理想

人の身体は頭が重いので、無意識だとどうしても頭が下がりやすい。

守備力が高い低い態勢は、しっかり腰は落ちても背筋が伸びている。

頭は前を向いて、相手の打点、ラケット面をしっかり見て反応出来るように準備しないといけない。

チャンスボールを打たれるときにも、怖くても目線をそらしてはいけません。

どうしようもないチャンス、スマッシュは危ないときもありますが・・・。

しっかり背筋が伸びていれば、足元に打たれたボールも処理しやすい。

一度ダブルスから、試してみて下さい。

 

しっかり準備すれば、まだまだ守備力はアップ出来る。

相手の攻撃をいなして、またチャンスを待つ。

そうやって獲ったポイントって、きっと試合の流れを大きく変えていくポイントになるはず。

ダブルス巧者は、いつだって守備からの反撃や挽回を狙っている。

まずは低い態勢、を打った後にすぐ意識してみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢

    強い選手は、姿勢がぶれない。特に打った後、じゃないですかね。…

  2. フットワーク

    「打った後は、必ず足を戻す」癖を付ければプレーは見違える

    フットワークの基本、試合の中でつい見落としがちな部分。打った後…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク

    テニスの試合、強い選手のフットワークは何が違うのか。これって、…

  5. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  3. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事
PAGE TOP