テニス ボレー

ボレー

ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い

リラックスしてストロークは打てるのに、ボレーになると急に力が入る人は多い。

話を聞いたり観察してみると、意外と「息を止めている」ような人、いることに気付きました。

もっとリラックスして、しっかり呼吸しながらプレー出来ると、ネットプレーも安定感が増すでしょう。

 

ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い

 


 

■ネットプレーは短期勝負、だけじゃない

確かに、ネットプレーはテニスにおいてフィニッシュショットになることは多い。

ですが、実際の試合、特にダブルスの中では粘るネットプレーやラリー回数が多いときもある。

ネットプレーでしっかりリラックスして、リズム良く相手とラリー、していく自信があれば短期勝負以外でもポイントは獲れる。

ですが、息を止めてしまうくらいボレーが「特別なショット」になってしまっていると・・・かなり厳しい。

相手を観る余裕も無いでしょうし、なかなか苦しい戦いになると思います。

 

■呼吸を止めてしまう、とボールは逆に飛んでくれない

つい、力が入ると息を止めて「グッ」と打つ感じになります。

ですが、それでは逆にボールは飛んでくれない。

ボレーのときも、実際にはラケットを動かしてスライス回転をかける、伸びのある動きが求められる。

ストローク同様に、特にネットから遠い距離からのボレーでは、息を吐きながら打つくらいの感覚でちょうど良いでしょう。

ボレーも相手を追い込むには、伸びが不可欠。

伸びを生むには、身体を出来るだけリラックスさせた状態で保つことが大事です。

 

■ラリーのテンポが上がっても、頭と呼吸は冷静に

試合の中で、ラリーのテンポが上がっていくことも、ダブルスではある。

まず前衛が触ったとき、ですね。

前衛が触ると急にボレーのラリーが入ってくるので、テンポが上がっていく・・・ときに、しっかり冷静に対応出来るかどうか。

自分の呼吸のリズム、乱れてはいませんか?

精神的に追い込まれると、人は呼吸から乱れて疲労が溜まりやすくなる。

テニスの試合で疲れやすい人の、典型例です。

 

自分が無意識にしている呼吸、だからこそ、しっかり見直す機会が必要。

体力が無い人は、特に見直してみると良いでしょう。

何歳になっても一日何試合も出来るベテラン選手の皆さんは、こういうのが自然に出来ている。

息を止めながらプレーしても、良いことはあまり無い、ですよ。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

  2. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

  3. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK

    速いボールを、ボレーする。この時に、いかにリラックスして対応出…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

  6. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

    クロスでのボレー対ストローク、みなさんもよく練習するメニューだと思いま…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです
  2. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみた…
  3. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い
  4. テニス ダブルス

    戦術

    「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ
  5. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう
PAGE TOP