テニス ボレー

フットワーク

ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニングを

テニスの試合、高い軌道のボールがネット際に落ちること。

1試合の中で、1~2回くらいはあると思いませんか?

こういうどっちに転ぶか分からないようなポイント、にその人の強さは現れる。

試合慣れしている人って、こういうゴチャっとしたポイントを逃さず獲っていくんですよね。

 

ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニングを

 

1.高い軌道のボールは、当然高くバウンドする

当たり前ですが、しっかり準備したい。

高い軌道のボール、が落ちたら、当然また高く弾んで来る。

しっかりネットとの距離を取って、前に踏み込んでグランドスマッシュ、を打てる態勢を作らないと。

それから、そのボールがどういう回転をしているのか・・・も見極めないとですよね。

スライス回転なら、当然相手コート側に戻る。

ネット際から戻る・・・ということは、かなり難しいボールになるということ。

ネットスレスレで処理、するイメージを持ってバウンドさせないと対応できません。

 

2.ネット上に当たってコードボール、になる可能性だって高い

もしかしたら、そのボールがネットの上に落ちるかもしれませんね。

コードボールになったら、ラグビーボールのように不規則に変化する、すごく厄介な変化になるはず。

だからこそ、本当にネット際に落ちそうなときには、「ネットに当たって自分のコートに落ちる」覚悟もして、構える。

膝を曲げて目線を落として、変化に対応できるように。

ただのチャンス・・・と思って待っていると、思わぬ変化に対応出来ない。

結果的にコードボールにならなければ、また構えれば良い。

最悪の状況、を常にテニスでは想定して待ちましょう。

 

3.コードボールに強くなる、にはこの練習!

私が学生時代は、よく遊び半分でこんな練習をしてました。

ネットを挟んで2人、縦半面で勝負。

ネットの上にボールを落として、そのコードボールから後は自由。

ドロップ系で返しても良いし、ロブを打っても良い。

とにかく、ネット際に高い軌道から落ちてくる、と変化する可能性があることを身体に染み込ませるのが狙いです。

アナタ自身、しっかり練習しておけば身体から反応してくれるはず。

頭で考えるだけ、だと試合の現場では不十分です。

 

ちょっとしたポイントですが、こういう球際に強い選手は試合でも強い。

アンラッキー、ではなく準備不足。

ネット際に落ちるボールって、テニスでは処理が難しい。

だからこそ、しっかり練習しておきましょうね!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. フットワーク

    コートカバーが遅れる、本当の理由

    試合で、相手に動かされると弱い人って、多いですよね。3回くら…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    〇〇が出来るようになれれば、テニスは各段に上のレベルにいける

    相手の打つコースに先回り、カウンターショット・・・。皆さん、こ…

  3. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

    ベースライン同士の打ち合いの中で、相手からクロスに打たれる。こ…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  5. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  6. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい

    試合の中で、相手の攻撃を粘れない。これは、実は本当に大問題です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    試合でチャンスボールこそ、ミスしないコツとは?
  2. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ
  3. テニス ストローク

    戦術

    「次やったら勝てないな」で、良い
  4. テニス ボレー

    戦術

    ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必…
PAGE TOP