テニス ボレー

フットワーク

ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニングを

テニスの試合、高い軌道のボールがネット際に落ちること。

1試合の中で、1~2回くらいはあると思いませんか?

こういうどっちに転ぶか分からないようなポイント、にその人の強さは現れる。

試合慣れしている人って、こういうゴチャっとしたポイントを逃さず獲っていくんですよね。

 

ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニングを

 

1.高い軌道のボールは、当然高くバウンドする

当たり前ですが、しっかり準備したい。

高い軌道のボール、が落ちたら、当然また高く弾んで来る。

しっかりネットとの距離を取って、前に踏み込んでグランドスマッシュ、を打てる態勢を作らないと。

それから、そのボールがどういう回転をしているのか・・・も見極めないとですよね。

スライス回転なら、当然相手コート側に戻る。

ネット際から戻る・・・ということは、かなり難しいボールになるということ。

ネットスレスレで処理、するイメージを持ってバウンドさせないと対応できません。

 

2.ネット上に当たってコードボール、になる可能性だって高い

もしかしたら、そのボールがネットの上に落ちるかもしれませんね。

コードボールになったら、ラグビーボールのように不規則に変化する、すごく厄介な変化になるはず。

だからこそ、本当にネット際に落ちそうなときには、「ネットに当たって自分のコートに落ちる」覚悟もして、構える。

膝を曲げて目線を落として、変化に対応できるように。

ただのチャンス・・・と思って待っていると、思わぬ変化に対応出来ない。

結果的にコードボールにならなければ、また構えれば良い。

最悪の状況、を常にテニスでは想定して待ちましょう。

 

3.コードボールに強くなる、にはこの練習!

私が学生時代は、よく遊び半分でこんな練習をしてました。

ネットを挟んで2人、縦半面で勝負。

ネットの上にボールを落として、そのコードボールから後は自由。

ドロップ系で返しても良いし、ロブを打っても良い。

とにかく、ネット際に高い軌道から落ちてくる、と変化する可能性があることを身体に染み込ませるのが狙いです。

アナタ自身、しっかり練習しておけば身体から反応してくれるはず。

頭で考えるだけ、だと試合の現場では不十分です。

 

ちょっとしたポイントですが、こういう球際に強い選手は試合でも強い。

アンラッキー、ではなく準備不足。

ネット際に落ちるボールって、テニスでは処理が難しい。

だからこそ、しっかり練習しておきましょうね!

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. + POWER CUP について
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速…

  2. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い

    テニスでは粘ることが重要。その為には安定したショットが必要なん…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

    ボレーが得意な人は、その滑らかな動きが素敵。実際に力強く打って…

  6. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショ…
  2. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし
  3. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩
  4. テニス 格上相手

    その他

    「テニス節約術」って、考えたことありますか?
  5. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう
PAGE TOP