テニス クレーコート

シングルス

シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

シングルスでは守るコートが広い。

横はもちろん、前のスペースも自分でケアしなければいけません。

よくあるシチュエーションとしては、どちらかの選手がドロップショットを打って両者がネット際に集まるケース。

こういったポイントを獲るかどうかで、試合の流れは大きく変わりますよね。

この攻防を制するには、どんな考え方が必要なのでしょうか?

 

シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

 


 

1.落ち着いて「相手のラケット面」をしっかり見る

ネットの近くにくると、ベースラインでは落ち着いてプレーできていたのに途端に慌てる人が多くいます。

普段の景色が変わるだけで、人間の心理は大きく変わってしまうので、心の準備が必要です。

前に移動したら、何をチェックして自分の行動の判断基準にするのか・・・。

それは、相手のラケット面です。

ここからボールが打ち出される訳ですから、ボールとどういう角度で接しているか、を確認すればコースを予測することができます。

慣れてくれば、自然に身体が反応できるレベルまでになりますので、意識してみましょう。

 

2.自分のラケット面は逆に、「ギリギリまで隠す」ことを意識する

1.の考えを基にすると、自分の打つときのコースはギリギリまで隠す必要があります。

テニスの試合ではネット際で打つコースがばれてしまうと、相手も前にいる訳ですから、簡単に決められてしまうのです。

アナタ自身がボールを打つ時には、ラケットを早く前に出さないよう、ギリギリまで利き腕ではないほうの手でスロートを持って「どこにでも打てる態勢」をキープするように心がけてみて下さい。

コースを隠す、という意識が、上のレベルでは絶対的に必要です。

 

3.フラット系の当たりはNG、サイドスピンを活用する

実際にネット際ではどんな種類のボールを打てば良いのか。

相手も前にいるときには、ついパッシングでキレイに抜いていきたいところですが、そこは我慢が必要。

まずは相手を動かして、「スペースを作る」という意識を持ちましょう。

その為にはフラット系のショットだとアウトしてしまいますので、スライス系のショットがお勧めです。

少しラケットヘッドを下げた形でも打てますし、コースをギリギリまで隠して変更可能な横回転。

この機会に、練習して身に付けておくようにしましょう。

 

4.冷静に「ロブ」という選択肢を持っておく

ネット際に相手がいる、ということはもちろん後ろにスペースが空いています。

テニスでは、最終的にポイントを取ればOKですので、一度相手を下げる「ロブ」という選択肢は常に持っておくようにしましょう。

相手に追いつかれても、もちろんOK。

そこから自分は少しポジションを下げて、ロブをケアするようにしましょう。

もちろん、追いついたと思ったら強気でパッシングを狙ってくるような猛者もいるかも知れません。

相手の性格をよく考えながら、予測を立てるようにしましょう。

 

こういったプレーで、ぜひ見本にして頂きたいのがジョコビッチ選手です。

少し地味でディフェンシブなプレーが目立つ選手ですが、ネット際での駆け引きで勝る選手はいません。

それくらい、しっかりとした予測と多彩なショット、何より「ネット近くの攻防には負けない」という自信があるのでしょう。

派手なプレーだけでなく、こういったテクニカルな場面もしっかり分析して、アナタのテニスに役立ててみるようにして下さい。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  2. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

    シングルスの試合で、どう攻めて良いのか分からない、という方へ。…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

    シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。難しく考えないで…

  6. シングルス

    シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ

    シングルスの試合で、セルフジャッジ。そんなときに、何気なく打っ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    深いボレーに対して、ベースライン上で打ち返すにはまず「ネットくらいの目線、低い態…
  2. ストローク

    鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよ…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる
PAGE TOP