テニス 雨

メンタル

雨の日でも試合がある!「雨のオムニコート」で戦う為の心得え4つ

関東では今日も雨が降り、急に寒くなってきましたね・・・。

オムニコートが多い日本では、テニスの試合は雨でも決行されることが多く、雨の日の試合は苦手・・・という意識が、大切な試合で障害になってしまう可能性もあります。

普段の練習から、どんなことを意識すれば良いのか。

また準備として何を考えれば良いのかを、まとめてみました。

 

雨の日でも試合がある!「雨のオムニコート」で戦う為の心得え4つ

 


 

1.ボールは飛ばない、その対策をしっかりと

雨の日はボールが水を含み、また上から降り注ぐことで必然的にボールは飛ばない環境になります。

そんな中でのテニスで、意識することはどんなことでしょうか?

まずは飛距離を出す為に、高い軌道を保つことはストロークでもボレーでも必要。

同時に自分に向かってくるボールは失速して弾まないことが予想されるので、いつもよりも浅いボールのケアを意識するように。

これだけで、かなりラリーのミスが減るはずです。

 

2.体調・体温管理の難しさはギアでカバーする

雨は体温を奪っていきます。

特にこれからの季節は、晴れると暑いので薄着で試合に臨むことも多くなります。

お勧めは、晴れた日でもしっかり雨の対策ができるよう、アンダーウェアや長袖の準備をしておくこと。

素材はもちろんドライ生地で、少しでも水分の吸収と発汗を助けてくれるような素材にしておきましょう。

下着がコットンなら、何枚も着替えを用意しておくこと。

少しでも予報が曇り、雨の場合は、たくさんの着替えを準備しておきましょう。

 

3.雨の日にシューズはどうなるか、をしっかり把握しておく

自分のシューズが水を含むとどうなるか、アナタは正確に把握していますか?

当然シューズは重くなりますし、靴下も含めるとかなり足に負担がかかります。

またソールの部分はすり減っていると、砂の多いオムニコートでは滑って転倒の怖れもあります。

しっかり準備するのであれば、雨の日は比較的新しいシューズを履くと良いでしょう。

水を含みにくいのと、ソールも減っていないのでフットワークも安定するはずです。

強い部活、強いチームは細かい部分の準備が周到です。



4.雨の日は、試合で実力差を覆すことができるチャンス!

雨の日を、前向きに捉える癖を付けましょう。

アナタのライバルがメンタル的に不安定になっていることも、充分に考えられます。

またシード選手相手に、テニスの試合で勝つチャンスも大きくなります。

私なら、大事な試合で格上の選手と対戦するのであれば、雨の日のほうが助かります。

「何が起きるか分からない」という環境を、アナタ自身が前向きに捉えて、試合では絶対勝つという意識で臨むように習慣付けましょう。

 

普段の練習では、なかなか雨の中で続けることは難しいかも知れません。

最近ではテニススクールもインドアが主流となり、「環境の変化」に適応するような場面が少なくなってきているのも事実です。

それでも本来、スポーツは自然の中でその影響も受けながら競い合うもの。

テニスも例外ではありません。

雨のオムニコートを自分の居場所だと思えるくらい、イメージトレーニングして大切な一戦に備えましょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. メンタル

    相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと

    冷静に攻撃し続けて、相手を仕留める。またはミスを誘うために、必…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    どんなに相手が強敵でも、人間の力に大差は無い

    テニスの試合、どうしようも無いくらいの実力者はいる。第一シード…

  3. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

    年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日…

  4. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

    杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。最近ブレイク中の…

  5. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

    私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。それは、選…

  6. テニス テニスボール

特集記事

  1. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう
  2. テニス フットワーク

    メンタル

    「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう…
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認…
  4. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します
PAGE TOP