テニス グッズ

メンタル

「テニスの試合で勝ち抜く人」のラケットバッグは美しい

普段、何げなく試合中や練習中にコート脇に置いてあるラケットバッグ。

全日本選手権やAIGオープン(現楽天オープン)にて主審を務めた筆者が感じるのは、そのさりげないラケットバッグにこそ、その人の強さが現れるということ。

整理整頓できている、という言葉で片付けてしまうのは簡単ですが、いったいどのような意識がそうさせるのか。

そこにあなた自身がテニスを強くさせていくヒントがあるかも知れません。

「テニスの試合で勝ち抜く人」のラケットバッグは美しい

 


 

1.1分1秒をムダにしない、「バッグ内の配色」を意識する

テニスの試合ではコートチェンジは90秒。

この90秒内で、水分補給から何からすべてをこなさなければいけません。

靴ひもが切れたり、急にグリップを巻き直したり、簡単な怪我の治療・・・と、テニスでは様々な急なタスクが降ってきます。

そんなとき慌てずにバッグ内を探すには、日ごろから中身を分かりやすくしておく必要があり、そのコツが「配色」です。

蛍光色で小さい袋に分けたり、あるいはバッグの中の色自体を蛍光色にしたり、とにかく探しやすく手に取りやすいよう試合前からセットされています。

めったに使わないものこそ、実は大事な試合中に必要になったりするかも・・・。

備えあれば憂いなし、です。

2.ラケットバッグの中に「ゴミは絶対に溜めない」こと

テニスの大会ではどうしても昼食をコンビニで買ったり、食べる時間が無くてそのままバッグで1週間眠ってしまったり・・・ということがおきてしまいます。

その他小さいゴミもつい、外側のポケットに詰めてしまってはいないでしょうか。

こういった小さい積み重ねが、あなたの心に隙を生んでしまうかも知れません。

「何かを持ち越している」「やり残している」という要素を試合に持ち込んでは、勝てる試合も勝てません。

たかがゴミ1つで・・・と思う方もいると思いますが、侮ってはいけません。

メンタルは小さな綻びから大きく崩れていくものなのです。

3.ラケットバッグは「必ず閉める」、「上にモノを載せない」、「斜めに置かない」

テニスはウエアを着替える機会も多いスポーツ。

つい、脱いだ上着をそのままラケットバッグの上にバーンと放り投げていませんか?

またはラケットを取り出した箇所のファスナー、きちっと最後まで閉めていますか?

こういった細かい部分も、しっかりと「締める、閉める」癖をつけましょう。

特にジュニアの選手に多いのですが、大きな大会でもラケットバッグにウエアが覆い被さっているケース。

将来有望の選手でメーカーと契約しているのであれば、商品を協賛・支給してもらうという意味を、考えて行動しなければいけません。

4.テニス用具には「見えない魂」が宿っている

スポーツ用具・器具を大切にしない選手は大成しない、という言葉をよく聞きます。

テニスもまさに、同じことが言えるでしょう。

悲しいかな、テニスというスポーツはボールにガット、グリップテープ、シューズと、他スポーツに比べて消耗品が多く、新しいものを買って変える、という習慣が自然と根付いている部分もあります。

とはいえ、ラケットバッグは丁寧に使えば5年は楽に使える代物です。

あなたのラケット、シューズ、ウェア、その他の大切なものをたくさん入れておく、まさに相棒そのもの。

大切に扱うことで、あなたの試合に対する意識もきっと大きく変化していくことでしょう。

 

シングルスの試合で、私が昔意識していたのが「ラケットバッグベンチコーチ」の意識です。

ラケットバッグは自分の味方、いつでも助けてくれる。

だからこそベンチにしっかり丁寧に設置して、自分のほうを向いているように思えるまでにする。

実際に、細かい部分を準備・意識することで、競った試合は必ず勝てるようになります。

テニスは準備のスポーツ。

最高の準備をラケットバッグに詰めて、さぁテニスコートに行きましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる

    皆さんは、自分に正直・・・ですか?なかなか、難しいと思います。…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

    本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見…

  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

    私が以前にテニスコーチをしていたときに、よく考えていた問題について。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

    今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。一番、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5つ

    「テニスの試合で勝つ為に」をテーマに記事を書かせて頂いている中で、身に…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
  2. その他

    1人1,000円の、学生草大会の意義
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か
  5. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか
PAGE TOP