テニス コントロール

メンタル

追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です

テニスの試合に出ている人なら、誰しもが考えていること。

それは、序盤にリードして、そのままストレスなく試合を終えていくこと・・・じゃないでしょうか。

でも、実際の試合ではなかなかそれは難しいですよね。

しっかり準備していても、心のどこかで隙がある。

それはなかなか、改善されない。

だって人って、そういうモノですからね。

 

追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です

 


 

1.追い込まれて発揮する力、最初から出ないものか

いつの間にか、気が付いたら2-5くらいのゲームカウントに。

そこからやっと、スイッチが入って「本気」モードになっていく・・・皆さんも経験、あるんじゃないでしょうか?

もちろん、相手の勝ちビビり、みたいなものも影響しているでしょうが、自分自身のプレーも明らかに変わるはず。

「最初から、なんでこれが出来ないんだ・・・」と思う経験、ありますよね。

ぜひ、そういう試合終盤に追い詰められたときの自分のプレー、はどういうプレーなのか意識してみて下さい。

そして研究する。

そこから、新しい試合の方法が編み出されるはずです。

 

2.ミスを減らすこと、は試合の序盤から出来る

きっと、1セットマッチで2-5のように追い詰められて、そこから粘れるときはミスが少ないはず。

それって、なぜでしょう?

試合の序盤にミスが多く、追い詰められると減っていくのは・・・要因はいくつかあると思います。

1つは、相手の情報が溜まっているということ。

相手のプレーが見えてきて、予測しやすいから粘れる、ラリーになるというのは試合後半なら有り得ますよね。

あとは何より、試合の序盤は「失点が即負けにはつながらない」という余裕がある。

だからチャレンジングなことも出来るし、良いと思いますが、それでも1ポイントの重みは試合の前半は軽いですよね。

こういう小さい意識の差が、試合の序盤にミスが多く、後半にはミスが減る、ということを生んでいくんじゃないでしょうか。

 

3.試合の序盤のミスは、減らせる!

つまりは、やり方次第でミスは減らせるということ。

相手の情報をいかに早く、試合の序盤でつかむことが出来るのか。

そして、「テニスの試合は、序盤で決まる」くらいの覚悟で、試合の序盤を大事なポイントだと認識して試合に入るのか。

2-5くらいのスコアになって頑張る、よりもやっぱり試合の序盤に頑張る方が楽だし、勝てる確率も上がる。

追い込まれないと出来ないこと、出せない力は、確かにあるでしょう。

でもその理由を探っていけば、きっと試合の序盤から出来ることもあるはずですよ。

 

4.追い込まれてから強い、人を卒業しましょう

意識して欲しいのは、これなんですよね。

よく、褒め言葉のように言われますが・・・数回の逆転試合の体験だけで、どこか美化していませんか?

それ以上に、普通に負ける試合ばかりなのに・・・。

追い込まれてから強い人、は強い人ではない。

本当に強い人は、追い込ませないし、そう簡単に自分が負けそうなシチュエーションを作ったりしない。

「そりゃ、綺麗ごとじゃない」と思うでしょうが、何事も意識しないと始まらない。

意識してイメージしていけば、いつかどこかで自分もそれに近付いていけるはず。

追い込まれてから強い人、は試合では弱い。

これだけでは、頭に入れておいて下さい。

 

まぁ、私も夏休みの宿題は8月30日からしか出来なかったですし・・・偉そうには言えないのですが。

テニスの試合って、夏休みのように一定の期間、ではないですからね。

あっという間に終わる、と思っておいて損は無い。

不確定要素が多い中で、追い込まれる危険性をいかに回避していくか。

テニスの試合の、永遠のテーマだと思います。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ

    以前実施したアンケートの中で、3名の方から頂いたご質問・・・よりもお悩…

  2. テニス リターン

    メンタル

    思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる

    思い切った作戦、みなさん実行出来てますか?実際にリスクを伴いま…

  3. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく

    今、自分がテニスをしている環境は、どうなのか。そして、そこに自…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

    テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?

    先日、女子ダブルスの草トー大会を観る機会があったのですが、そこで感じた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
  2. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「短い練習時間でテニスの試合に勝てるようになる!」ために、必要なのは具体的な意識…
  3. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選
  4. 戦術

    弱いから負けたんじゃない、挑戦したという事実だけ
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    なぜテニスには、並行陣が必要なのか?
PAGE TOP