ボレー

低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

浮いたら相手に決められる、これがダブルスの試合。

4人で前に出るような形の試合だと、結構この恐怖心が凄いですよね。

つい、プレッシャーに感じて低いボールを低く打とうとしてネット、してしまう。

だからこそ、必要なのはこの発想です。

低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

 


 

1.低いボレーを低く、は難しい

相手が自分の足下に打ってきて、そのボールを相手の足下に打つ。

これって、かなり難しい技術ですよね。

力加減が難しいし、弱く打とうとすると、ネットしてしまう。

緊張した場面で、手先だけでボールの飛びを加減するのってかなり難しいはず。

低いボレーを打つ、というプレッシャーって凄いですよね。

だからこそ、思い切って上を使う。

なぜなら、相手も前に詰めて来るから、です。

 

2.低く打って前に詰める、のは常套手段

強い相手って、これが上手い。

足下に打って前に詰める、浮いたボールが大好物ですからね。

だからこそ、こういう罠にかからないようにロブボレー、が必要。

相手が自分の足下に打って来たら、それをロブボレーにして切り返す、ような準備をしておきましょう。

ラケット面だけ、先に作っておく、どっちの頭上を狙うのかをしっかり決めておく。

相手は前に詰めて来る、のを想定して多少甘くて良いと思いますよ。

 

3.ダブルスの試合での実戦例

ダブルスの試合での実例、を見てみましょう。

相手はサーブ&ボレー、どんどん前に来る相手をどこかで足止めしたい。

まずは、サーブが甘ければしっかり足下に沈める。

そして、そのボールを前衛がチャージしていく姿勢、が大事です。

ただし、チャンスが来るとは限らない。

相手も浮かないように必死で注意しながらボレーして来ますからね。

そこで、ミドルボレーからローボレー、になったらロブボレーの使いどころです!

相手前衛の頭上、クロスに打てば空いている相手の弱点、を狙えます。

ロブボレーが抜けても、油断しないでしっかり前衛が詰める意識が大事です。

クロスへのロブボレー、を意識するとダブルスでしっかり実戦で使えます。

ぜひ、意識してみて下さい!

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ



4.余裕があれば、バック側を通す

ロブボレーも、バック側を通す。

これが出来れば、触られても全く怖く無いですよね。

少しだけ余裕があれば、積極的にこの意識でロブボレーを使っていきましょう。

大事なのは、「足下に打たれる準備」をしておくこと。

相手は、決めに来ている訳なので、そこにつけ入る隙があるんですよね。

カウンター、は相手が打つ前から罠を仕込むこと。

前がかりな相手、の度肝を抜いていく準備、大丈夫ですか?

 

5.低いボレーをロブボレー、その後アングルボレー

実際に、ロブボレーで相手を下げたらどうするのか。

次は、また前を使いたいですよね。

アングルボレー、を使って横のスペースを狙っていく、というリズムが大事です。

ロブボレーだけ、なら返球される可能性も高いですからね。

次、次を準備しておくこと。

ロブボレーをしっかり打つこと、使うことの意識って、すごく大事ですからね。

男子ダブルスでも、お勧めですよ。

 

私はいつも、あえて打たせます、相手に。

足下に打たせて、前がかりにさせておいて、上で仕留める。

これを喰らうと、相手は萎えるんですよ・・・打っても打っても、いなされる。

強いダブルスって、無理しないでこんな感じじゃないですか?

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない

    ダブルスの試合で、しっかり前衛がポーチで決める。こういう試合が…

  2. テニス スライス

    ボレー

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

    これも、何度も書いてきたテーマです。ですが非常に大事なことです…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選

    ボレーに苦手意識がある人は、試合でもなかなか積極的になれない。…

  4. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

    試合で使える細かい技術、ハーフボレー。このショットのコツは、し…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入…

  6. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと
  2. ダブルス

    シングルスの楽しみを、ダブルスに求めては勝てない
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコ…
PAGE TOP