テニス ボレー

フットワーク

怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう

ダブルスの試合で、自分が前衛にいる時に相手前衛が打ち込んで来る・・・。

つい、怖くて背中を向けてしまいますよね。

確かに、男子ダブルスでは本当に危ないので、どうしようも無いときには背中を向けてしまう時も仕方ないでしょう。

でも、多くの場合は、そうでも無い。

背中を向ける前に、やるべきことがあるはずです。

 

怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう

 

1.足下に絞って、返球の準備をしよう

これだけで、かなり結果が変わると思いますよ。

足下に来たら、とにかく返す。

リラックスして、ロブボレーのような感じ、で打球を考えておく。

低めにラケットを構えておく、ことが大事。

相手のチャンス、だからこそ出来ることがある。

背中を向けて諦める、そんなポイントって実は少ないんです。

 

2.冷静に諦めなければ、何かが起きる

結構、相手は嫌なものなんですよ。

チャンスでもビビらない。

相手に屈しないような形、を見せるだけでかなりプレッシャーになります。

相手のチャンス、こそ頭を冷静に。

恐怖心に打ち勝つこと、も大事です。

顔の方向に飛んでくれば、避ければアウトなはず。

それくらい、自分の準備をしっかり終えておくことが大事でしょう。

 

3.ここに飛んで来たらアウト、を確認して待とう

きっと、これが出来る人は試合で勝っていける人。

自分のこの高さに、この速さで飛んで来たらアウト、ウォッチすると決めている。

ピンチの状況で、アナタに必要なのはこの冷静さです。

正確なウォッチこそ、アナタ側がポイントを取る確率が一番高い方法、でしょうから。

大逆転、はアナタのウィナーが必要?

相手のミスでも、同じ得点がテニスには入りますから。

 

4.前衛に求められるのは、攻撃力だけじゃない

私が思うに、これも立派な攻撃です。

攻撃的な守備は、実際にボールを打つ以上の威力を発揮する。

試合で、こういう攻撃的な守備を攻略出来ずに崩れていく攻撃的な選手、をたくさん見て来ましたから。

相手に与えるダメージも半端じゃないんですよね。

ちょっとした準備で、変わるものはたくさんあるはずです。

 

こういうのって、自分で気付けるかどうかなんですよね。

この記事を読んで、やってみて、「なんだ、これか!」となればもうアナタのモノ。

それを感じられるかどうか、です。

やってみて、気付くこと。

それがアナタ自身の強さであり、財産になるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ

    試合の中で、ラリーが続いているのに相手に背中を向ける。これは、…

  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  3. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある

    普段、何気なくやっているステップ。テニスの基本、スプリットステ…

  4. フットワーク

    浅いボールを打ち込む、簡単なパワーアップ方法は?

    試合でもよくある、相手のボールが浅くてアプローチしていく場面。…

  5. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」で対抗しよう!

    ダブルスのリターンで特に多いのが、ライジングショットでタイミング速く攻…

  6. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない
  4. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよ…
PAGE TOP