テニス ボレー

フットワーク

怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう

ダブルスの試合で、自分が前衛にいる時に相手前衛が打ち込んで来る・・・。

つい、怖くて背中を向けてしまいますよね。

確かに、男子ダブルスでは本当に危ないので、どうしようも無いときには背中を向けてしまう時も仕方ないでしょう。

でも、多くの場合は、そうでも無い。

背中を向ける前に、やるべきことがあるはずです。

 

怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう

 

1.足下に絞って、返球の準備をしよう

これだけで、かなり結果が変わると思いますよ。

足下に来たら、とにかく返す。

リラックスして、ロブボレーのような感じ、で打球を考えておく。

低めにラケットを構えておく、ことが大事。

相手のチャンス、だからこそ出来ることがある。

背中を向けて諦める、そんなポイントって実は少ないんです。

 

2.冷静に諦めなければ、何かが起きる

結構、相手は嫌なものなんですよ。

チャンスでもビビらない。

相手に屈しないような形、を見せるだけでかなりプレッシャーになります。

相手のチャンス、こそ頭を冷静に。

恐怖心に打ち勝つこと、も大事です。

顔の方向に飛んでくれば、避ければアウトなはず。

それくらい、自分の準備をしっかり終えておくことが大事でしょう。

 

3.ここに飛んで来たらアウト、を確認して待とう

きっと、これが出来る人は試合で勝っていける人。

自分のこの高さに、この速さで飛んで来たらアウト、ウォッチすると決めている。

ピンチの状況で、アナタに必要なのはこの冷静さです。

正確なウォッチこそ、アナタ側がポイントを取る確率が一番高い方法、でしょうから。

大逆転、はアナタのウィナーが必要?

相手のミスでも、同じ得点がテニスには入りますから。

 

4.前衛に求められるのは、攻撃力だけじゃない

私が思うに、これも立派な攻撃です。

攻撃的な守備は、実際にボールを打つ以上の威力を発揮する。

試合で、こういう攻撃的な守備を攻略出来ずに崩れていく攻撃的な選手、をたくさん見て来ましたから。

相手に与えるダメージも半端じゃないんですよね。

ちょっとした準備で、変わるものはたくさんあるはずです。

 

こういうのって、自分で気付けるかどうかなんですよね。

この記事を読んで、やってみて、「なんだ、これか!」となればもうアナタのモノ。

それを感じられるかどうか、です。

やってみて、気付くこと。

それがアナタ自身の強さであり、財産になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わる!

    テニスは足を使う。走る・・・という意味もあるし、足のパワーを利…

  2. テニス ストローク
  3. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由…

  4. フットワーク

    テニス選手ならしっかり身に付けたい、「スプリットステップ」の基本から応用まで厳選記事7つ

    テニスはフットワークが大事。その基本となるのは、動き出しを早く…

  5. テニス 予測

    フットワーク

    ビッグサーバー、ビッグフォアハンド相手には、低い態勢が不可欠

    当たり前ですが、なかなか出来ないこと。テニスの基本は、試合での…

  6. フットワーク

    ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう

    冷静にストロークラリーしていると思ったら、ワイドに追い出されると・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?
  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負け…
  3. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画
  4. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを…
  5. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です
PAGE TOP