テニス 環境

サーブ

私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である

ダブルスの試合での、サービスゲーム。

みなさんはサービスエースって、何本くらいありますか?1試合で。

私は、ほぼ1セットに4本くらい。

多い?だって、私はサービスエースの基準をコレに置いてますから。

 

私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である

 


 

1.ダブルスのサービスエースは、これでしょう!

自分がサーブを打って、リターンを味方の前衛が決める。

私は、これをダブルスの試合でのサービスエース、と呼んでいます。

いや、実際はもちろんエースじゃないんですけどね。

でも、ダブルスの試合はこれが大事ですし、乗っていける。

前衛を活かす為に、何が必要なのか。

サービスエースを増やす為に、何が必要なのか。

こう考えながら、1ゲームで1~2ポイント、こういう前衛に決めてもらうポイントを作ること。

これが出来るようになると、試合では俄然強くなりますよ。

 

2.「どのコースに打つのか」を伝える

まずは、これだけで良いと思います。

ダブルスの試合でのサービスゲーム、サーブを打つ人が打つコースを伝える、で良い。

でも、その為の情報は、前衛が伝える。

リターンはどっちで待っているのか、予測の癖はどうか、しっかり見えるのは前衛ですからね。

その情報を元に、どこコースに打つのかを前衛に伝えてみて下さいよ。

きっと、そこからアナタ自身のサービスゲームは変わり始めます。

 

3.ダブルスならでは、で良いじゃない

言わば、これも成功体験。

実際に、サービスエース=ノータッチエース、がテニスでの基本ですし、記録のルール。

でも、試合でなかなかノータッチエース、は難しい。

そうなると、「自分はサーブが弱いんじゃないか」と思いだす。

これは、非常にもったいない発想だと私は思いますよ。

ダブルスなら、ダブルスならではの発想でのサービスエースがあっても良い。

サーブを打ってそのリターンを前衛が決める。

これでサービスエース、成功!

この数を積み重ねること、が大事なんですよ。

 

4.サーブのコントロールが良いと、前衛のペアも信用してくれるようになる

サーブのコントロールが良いと、それだけ信用してくれる。

「センターに打つね」と言ってセンターに打ってくれれば、ポーチに出るのも楽しくなる。

こういう経験、信頼関係こそ強さになっていく。

サーブのコントロールが良い人、を目指してみませんか?

これは、女性でもベテランでもシニアでも、大丈夫です。

きっと、目指せば得られるもの、ですから。

 

前衛のポーチで決まったポイント、もう良いじゃないですか、サービスエースで。

2人で作ったポイント、1人でのノータッチエースよりも価値がある。

私は、そう考えています。

成功体験を、いかに自分の中で積んでいけるのか。

ちょっとの工夫、言葉の使い方次第だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

    この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。…

  2. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ

    サーブはとにかく、センターに打ちたい。ダブルスをプレーしている…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

    サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。毎回…

  4. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?

    試合の中で、センターへサーブを打つ。よくある光景ですが、実はこ…

  5. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い

    試合の中で、サーブの調子ってどうしても水物。調子が悪いときって…

  6. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る
  2. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?
  4. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?
  5. テニス 部活

    その他

    明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こ…
PAGE TOP