テニス サーブ

サーブ

セカンドサーブは、絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない?

ふと、考えてみる。

自分のサーブの調子が良いとき、というのはこういうことが出来る余裕がある。

アナタ自身、どこかサーブについて先入観に捕らわれてしまっているかも知れません。

発想の転換、でサービスゲームは優位に進めることが出来るかも知れませんよ。

 

セカンドサーブは、絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない?

 


 

■サーブについて、ルールを最大限に利用してみない?

テニスにおけるサーブのルール。

それは、2球打てるということ。

そのどちらかが入ればOK、有効ということ。

このルール、意外と最大限に利用出来ていない人が多い。

つまり、リードして余裕があるとき・・・は、セカンドサーブだって工夫したって良いんです。

この技法、結構プロ選手も多く活用しているので、オススメです。

 

■サーブに自信がある選手は、セカンドサーブを上手く使う

あえて、セカンドサーブを速く打つ。

ファーストサーブよりも。

これで、相手を騙すことが出来る。

サーブに自信がある選手は、リードしているサービスゲームで、こういう仕掛けを繰り出して来る。

自分には無関係な作戦?

そんなことはありません。

ルールをしっかり活用出来る選手、であれば、レベルは関係ありません。

 

■サーブについての先入観を無くしていこう

ファーストサーブをしっかり打つ、セカンドは少し緩く打つ。

この先入観、無くしていって損は無いでしょう。

リードしているゲーム、であればどんどんその優位性を活用していく。

ダブルファーストサーブ、という作戦も有り、です。

大事なのは、「この選手、セカンドでも何を打って来るか分からないな・・・」と相手に思わせておくこと。

アナタがリターンの選手の側、に立ったと思って下さい。

やられて嫌・・・なことは、イメージ沸いてきませんか?

 

フェデラー選手、こういう「セカンドサーブで奇襲」が好きでよく繰り出して来る。

錦織選手のようなリターンが得意、な相手には、きっとやらざるを得ないという要素もあるでしょう。

ダブルファーストサーブ、を超えた作戦、セカンドサーブを強力に打つ、というのも有りだと思う。

今回の内容も私からの、一つの提案です。

試してみて、ダメだと思ったら止めて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. サーブ

    勝負所での、ワイドのサーブが効く!

    みなさんは、「勝負どころでのサーブ」を持ってますか?サーブの力…

  2. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う

    サーブは入れないといけない。そんなこたぁ、誰でも知ってるよね。…

  3. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃない

    試合で有効なサーブ、見落とされがちですがボディのサーブは本当に有効。…

  4. サーブ

    今すぐサーブの威力をアップさせる、打点の意識について

    身長が低い女性の方でも、威力のあるサーブを打つ選手はいます。し…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か

    この理論、まぁ当たり前ですよね。「そもそも、1ゲームキープする…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
  2. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
  3. テニス メンタル

    その他

    「2015年 インターハイ テニス団体戦」を観て感じた、団体戦に強いチームの特徴…
  4. 戦術

    そもそも、ドロップショットはコートの内側から
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しまし…
PAGE TOP