テニス サーブ

サーブ

攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

自分のサーブをパワーアップさせたい、と考えているみなさんへ。

まず、ここから意識してみると良いと思います。

サーブって、どうしても足下のラインが気になりますよね。

フットフォルト、はもちろん反則。

でも打った後は・・・どうでしょうか?

 

攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

 


 

1.フットフォルト、意識し過ぎじゃない?

ベースラインを踏んではいけない、のは打つ前のこと。

打った後は、ラインを踏んでも良いんです。

これ、意外と意識出来ていない方が多いですよね。

サーブは、少しでもネットに近い位置、打点で打った方が威力も出るし、安定感もある。

なのに、打ち終わってもベースラインの後ろに立っているような形では、ボールに力は伝わり辛いでしょう。

ベテラン、シニアの方でもサーブは前にトスアップして、コート内に着地が基本。

これでかなり、サーブの雰囲気は変わりますよ。

 

2.小さくジャンプ、でも効果大!

「でも、足腰が弱くてジャンプなんて・・・」と思う方も多いでしょう。

特に、ベテランやシニア、女性の方はそういう意識が強い方も多い。

私は、3cmで良いので、ジャンプした方が良いと考えています。

少しジャンプして、コート内、またはライン上に着地する。

これだけでも、かなり威力はアップすると思いますよ。

全くジャンプしないサーブは、どうしても腰が引けて後ろに体重が残っている形、になりやすい。

威力が出ないだけじゃなくて、なかなか安定もしないでしょう。

 

3.どこに着地するのか?をイメージしてトスアップ

男性の方であれば20cmくらいはネット寄り、コート内に着地すること。

これが出来るように、トスアップを調整する。

すると、自然に前への推進力が上がりますので、サーブの威力はアップします。

それに、不思議と安定感もアップするんですよ。

ジャンプするような身体の動きを入れると、しっかりラケットも振れますからね。

ずっと地面に足を着けた状態だと、トスに合わせるようになって、上手くいかない。

もっと身体をしっかり使うサーブ、に変えていきませんか?

 

4.自然にサーブ&ボレー用のサーブになる!

これも、魅力ですね。

試合では、要所でサーブから前に出る、サーブ&ボレーを入れて相手を揺さぶりたい。

でも、サーブ自体を変えていては・・・安定しないですよね。

コート内に着地するサーブに普段から出来ていれば、サーブ&ボレーだって楽勝です。

だって、そのまま前に入る1歩目、になっている形ですからね。

出るにせよ出ないにせよ、やることは変わらない。

コートの内側に着して、攻撃力の高いサーブを打っていく。

試合には、これでいきましょう!

 

最初は、前にトスアップして打つの、難しいと思います。

前足に体重を乗せて、軽く膝を曲げてフラフラしないようにするには練習が必要です。

あとは、腹筋と背筋のトレーニングですね。

1日5分で良いので、意識して鍛える時間を作っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

    試合で使えるオプション、その一つがクイックサーブ。でも、ただタ…

  2. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう

    試合が怖い、サーブが打ちたくない・・・。ダブルフォルトの恐怖は…

  3. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨いて試合で使おう

    左利きの方のサーブは、厳しい。そんな漠然とした先入観があるのは…

  4. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

    試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。この力がある、あ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
  2. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている
  3. 日々の雑記

    球数制限、テニス選手にも必要
  4. 戦術

    「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?
PAGE TOP