その他

今日、私は「本物の魔物」を観て来たと思う

実は私は昨日から、大阪で全日本ジュニアテニス選手権大会の観戦に行っていました。

高校の後輩が出場している、というのもあったのですが、大阪行きの目的はもう一つ。

甲子園での高校野球観戦。

そこで私は、すごいものを観てきました。

そう、本当に恐ろしい、テニス界にも潜んでいる「魔物」。

甲子園球場という場所では、それはとてつもなく大きく、恐ろしいものでした。

 

今日、私は「本物の魔物」を観て来たと思う

 


 

■第三試合 東邦 対 八戸学院光星 の試合で起きたこと

9回裏、2アウト、4点差。

球場の皆が、試合結果の大勢は決したと感じていた。

でも心のどこかで、負けているチームのもうひと頑張り、を観たかったのかも知れない。

2アウトからでもランナーが出る、そして何かを期待し始める。

そこから起きた出来事は、皆さんもニュースで観て頂いたかも知れない。

そう、球場全体が「魔物」を創り出していたのだ。

 

■観客はいつでも、「手のひら返し」が大得意

甲子園での高校野球、それは「興業」。

会場の8割の観客は、どちらを熱狂的に応援するでもない。

「ただ面白い試合が観たい、楽しみたいという観客たち」だということを、忘れてはいけない。

9回裏の東邦高校の猛攻の場面、その場面では明らかに8割以上の観客が、東邦側の応援に回っていた。

自分の席で立ち上がり、タオルを回して熱狂する。

誰から見ても、異様な光景に映る。

結果的に八戸学院光星の選手には、酷な雰囲気になってしまった。

結果的に、サヨナラでの大逆転。

試合後の観客、それは都合の良い大人たち。

さっきまで東邦側を支援してサヨナラ勝ちを演出したと思ったら、自分たちが作り出した悲劇のヒロイン、光星の選手たちを拍手で慰める。

選手たちからしたら、たまらない想いもあるだろう。

でもこれは甲子園、以外の場所でも起こりうるということを、テニス選手である私たちは覚えておかないといけない。

 

■テニスの試合会場でも、「観客が作り出す魔物」は存在する

テニスの大会でも、私は何度かこの魔物の存在を観て来た。

大逆転を、観客が後押しする、期待に応えようと選手が頑張り盛り返していく・・・。

そうさせない、魔物を呼び起こさない為に、必要な力とは何か?

非常に難しい問題ですが、これこそまさに、「ギアを上げて」観客と相手を諦めさせる力、だと思うのです。

試合の終盤、リードした場面こそ、そのギアを上げる力、底力がテニスの試合でも求められるのです。

 

靭テニスセンターから、甲子園へ。

こうも同じ高校生スポーツで、規模から何から違うのかと改めて思う。

甲子園球場では、この暑さの中で会場に入れない、チケットの販売を待つ観客が何人いただろう。

ざっと数千人はいたと思う。

もっと高校生テニスも、観られる存在、誰かの期待を背負う存在になっていって欲しい。

その結果、魔物が潜むような大会規模になったとしても。

私自身、何が出来るか考えて行動していきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

    「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さを感じましょう

    テニスがある程度上達してくると、「タッチ感覚」という言葉をよく聞くよう…

  3. テニス 試合

    その他

    テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?

    一生懸命頑張っているのに、なかなかテニスが上達しない。そう悩ん…

  4. その他

    「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

    テニス雑誌、皆さんは本屋で購入したことはありますか?私は今、3…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる
  2. テニス ミス

    その他

    小さな一つ一つのミスを真摯にとらえることが出来なければ、どんな練習をしてもテニス…
  3. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃
  5. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる
PAGE TOP