テニス リターン

その他

真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚悟しよう

テニスの試合を勝ち抜いていけば、周りの目も変わってくる。

アナタ自身、まずこのことは覚悟しましょう。

万人から好かれる、なんて無理。

錦織選手のように国民的スター、とは違います。

私たちは一般市民、学生として、日々周りの選手をなぎ倒して勝ち上がっていっている訳ですから。

 

真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚悟しよう

 


 

■勝ち続けていれば、落ち度が無くても嫌われる

勝負の世界って、嫉妬や妬みの世界。

悲しいですが、これが現実です。

負けた選手は言い訳の一つもしたいですし、どこか「相手を非難する」ことに活路を見出すのが人間。

だからこそ、アナタは勝っていくうえで覚悟しないといけません。

多少嫌われても、意に介さないこと。

周りは敵だけ、ではないはずです。

 

■人から好かれたい、と思っている人ほど嫌われる

ジャッジが汚い、マナーが悪いというのは論外。

ですが、しっかり真面目にテニスに取り組んでさえいれば、アナタは何も恥じる必要は無い。

むしろ、八方美人で全員に対して良い顔をしている選手の方が、結構嫌われる傾向にある。

テニスって、個人競技だから練習も個人で・・・という訳にはいかない。

人間関係がとても大事なスポーツですが、「好かれたい」という気持ちが全面に出過ぎている人は、ちょっと痛い。

しっかり自分の意志を持って、意見を言えることも大事です。

なぜならそういう選手の方が、一緒に練習出来て切磋琢磨出来るからです。

 

■ネットを挟めば敵、コートを離れれば対戦相手も良き仲間

対戦相手、ライバルをぜひ、アナタは自分の成長に活かして欲しい。

頭の中を切り替えるのは難しいでしょうが、ネットを挟んだ試合が終われば、アナタの良き仲間。

その姿勢を持って接してみて、それでも嫌われるようであれば、その選手はあまりにう器が小さい。

テニス選手として、関わらないくらいの気持ちでOK。

テニスの試合での対戦相手は倒すべき敵であり、仲間であるという意識は大事ですが、嫌な選手に無理に近付く必要も無いでしょう。

 

アナタ自身が、自分とテニスに誠実であること。

この姿勢さえしっかり維持出来れば、後は自然体でOK。

周りから好かれようとも、嫌われようとも関係ありません。

堂々としていれば良い。

取り留めの無い文章になりましたが、私が伝えたいことはシンプル。

人から嫌われても、気にしないこと。

それはアナタ自身がテニスに強くなった、結果を出せるようになった一つの証拠です。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「やっぱりこの店が良い!」テニスのアフターで選ばれるお店のポイント5つ

    練習や試合も終わり、その後は・・・そう、酷使した身体に流し込むBEER…

  2. その他

    他人を尊重出来ないなら、コートから退場

    最近、また私の中で気になること。テニスは一人では出来ない、他…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は教えないのか?

    ここ数年、学生の大会を観ていて感じることがある。大事な試合、団…

  4. その他

    T-PRESS CUP 2019.9 ダブルス大会を開催します(終了)

    来週にて第1回を開催させて頂きますT-PRESS CUP ですが、第…

  5. テニス アクセス

    その他

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付け…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ

    これから夏にかけては、大事な試合が多くなる時期。暑さ対策はもち…

特集記事

  1. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?
  4. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「パッと見、凄いサーブだけど実は試合で使えない」残念なサーブの特徴5つ
PAGE TOP