テニス メンタル

戦術

強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

みなさん、試合後の握手。

どんな感じでしてますか・・・?って、あんまり考えないですよね。

私も、昔はそうでした。

むしろ、試合に負けた後なんかは、ピッと触って終わるだけ、みたいな。

本当にみっともない感じだったと思います。

そして、もったいない。

だって、握手から知ること、が実はたくさんある。

それがテニスという競技だと思います。

 

強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

 

1.かつて審判をしていた頃に、感じたこと

テニスの試合って、終わった後に審判と選手、が握手します。

これはテレビでも見たことがある方、多いと思いますが・・・私がもう15年くらい前に審判の活動をしていた頃に、気付いたことがあります。

強い選手は、握手が強い。

もう、審判台から引きずり降ろされるんじゃないか?っていうくらい、握手が強いんですよ。

勝った選手だけじゃない、負けた選手も、本当に気持ちがこもった握手をしてくる。

そしてその手・・・の感覚、今でも忘れません。

あれから強くなったジュニアの選手は、みんな硬くて関節が太い、マメもしっかりある。

そんな「無骨な手のひら」だったんですよね。

 

2.強い選手との握手で、何を感じるのか?

みなさんが試合に負けたとき、相手と握手をする。

ぜひそこから、何かを感じて欲しいんです。

第一シードのような強い選手、との試合だと特に試合後、にこれが大事。

手のひらの感覚、自分とは何が違うのか。

きっと、その違いはあると思うんです。

皮膚の硬さ、マメの位置、そして握手をしてくる態度、強さ・・・。

アナタ自身が、何を感じるか、が大事です。

少しでも強い選手から、何かを吸収したいなら、試合後にしっかり握手をするということ。

そこから、伝わる何かはあるはずです。

 

3.痛くない範囲で、強く握る癖を付けよう

これは、私の恩師の言葉でもあります。

強い握手は、強いメッセージになる。

「良い試合、ありがとう」という気持ち、をしっかり相手に伝えることが出来ますしね。

テニスが上手くなる人って、握手が強いんですよ。

男性だと、痛いくらい。

でもこれって、昭和の考え・・・かも知れませんが、私は大事なことだと思うんです。

人と強く握手する、ということは、自分にも責任を持つということ。

「また試合がしたい」というメッセージ、になりますしね。

それだけのメッセージを送る覚悟があるかどうか、が大事なんです。

 

4.握られたい手のひら、になれているだろうか?

いつか、アナタ自身も強くなる。

多くの挑戦を受け止めて、握手で敗者を迎える立場になる、と私は信じています。

だからこそ、今から感じて欲しい。

自分の手のひらを、見つめて欲しい。

相手に対して、尊敬されるような、何かを感じてもらえるような手のひら、になれているかどうか?ということを。

自問自答して欲しいんです。

小さいことですが、試合後の握手って最大の相手とのコミュニケーションですからね。

強い握手を、自信を持って握れる人。

それは間違いなく、テニスも人生も、強く生きている人だと思いますよ。

 

たかが握手、されど握手。

小さい部分を、自分から照らしていく。

こういう意識、テニスでは大事です。

気付かない人は、ずっと気付かないで何となく過ごしているだけ。

でも気付く人は、中学生だって気付いている。

さぁ、アナタはどうでしょうか?

ぜひ、自分の手のひら、今その場で見つめてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です

    テニスの試合、ついチャンスを決め急いでしまう人。どこか、ラリー…

  2. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

    試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。それは、どん…

  3. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由

    「今日は、いける!」こう思った試合ほど、意外と負けること多く…

  4. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない

    テニスを教わること、試合に出ること。これの明確な違いって、私は…

  5. 戦術

    もしも今、テニスが出来るなら

    長らく更新が止まっておりまして、失礼しました…。何かと今、み…

  6. テニス 雨

    戦術

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ

    これから梅雨の時期。テニスの試合会場では、必ず雨で待機・・・と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、…
  3. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!…
  4. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロック…
PAGE TOP