テニス ストローク

ストローク

気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス

「気持ちがこもったテニス」を、みなさんは最近、目の当たりにしましたか?

団体戦、あと1本、というときに、どんなプレーが出来るのか。

それこそ、自分が周りの仲間の結果も背負って戦う、学生のみなさんだとそういう機会も多いと思います。

いや、社会人のみなさん、シニアのみなさんだって、団体戦ではそういう場面、ありますよね。

気持ちのこもったテニス、何だかちょっと抽象的。

でも私は、こういうことだと思います。

 

気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス

 

1.球際に強い選手って、どんな選手?

あと1本、というときに、しっかり追い付いて返球出来る。

そしてその返球を、自分の得点に結びつけていくことが出来る選手。

これこそ、強い選手の証でしょう。

でも、そんな選手って、球際で何を意識して返球していると思いますか?

私は、球際でもしっかり「回転」をかけられる選手、だと思います。

やっと追い付いたような場面でも、頑張ってスライス、スピン回転をかけることが出来る。

確かに技術は必要ですが、大事なのはここで破れかぶれ、にならない姿勢ですよね。

これは私たちでも、実践出来ることだと思います。

 

2.球際でしっかりスライスをかける、それは諦めない姿勢

シングルスの試合なんて、まさにそうじゃないですか?

やっと触ったボール、に少しでも回転をかける。

そこでボールの滞空時間を作り、相手コートにバウンドした後も少しでも相手が苦戦するように、最後まで力を出す。

普通の人って、ボールを追いかけながら「これは返しても、キツイな・・・」と思うんですよ。

だから、返球の最後で手を抜いてしまう。

スライス回転、しっかり最後までかけるような心意気、がある選手が、結果的に「気持ちがこもったプレー」を作り出していく。

繰り返しますが、これは技術ではなく意識、の問題です。

 

3.「気持ちをこめる」を、具体化しよう

テニスでも、この部分、曖昧になっていませんか?

一生懸命プレーする、これは誰でも出来ること・・・でしょうか。

違うと思いますよ。

一生懸命にプレーするって、みなさん誤解している方が多い。

出来る限り具体化して、自分が出来ることを整理して、やり切ること。

気持ちがこもったプレー、というのは、あくまで周りの判断です。

自分としては、あくまで冷静に、しっかり出来ること、決めたことをやり切るだけ。

その中の一つが、私は球際でもしっかり「回転をかける」ということだと思います。

 

4.守備的なプレーほど、しっかり回転をかけるのがテニス

普段の練習から、ここを意識しましょう。

相手の攻撃に、ついフラットな打球、当たりで受け身になる人が多い。

それだと、返球に力が無いし自分が戻る時間も稼げない。

基本はスライス、それをしっかり回転量を維持して打つ。

自分が走らされても、打てるかどうか?

気持ちがこもったプレー、自然に身体が反応して出来るかどうか、は大事です。

こういうプレーって、周りから見ているとすごく心動かされる。

粘ったポイントは、試合の流れも変えていく。

団体戦を勝利に導くのは、アナタ自身の技術、ですからね。

 

気持ちがこもったプレー、それには気持ちだけじゃ足りない。

裏付けされた技術、が必要なんです。

スライスをしっかり意識して、普段から回転量を強く与える、ことを意識してみて下さい。

自分が走らされたときこそ、頭は冷静に、しっかり球際でボールに回転をかける。

強い選手への、第一歩になるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと

    毎年、大事な大会で3回戦止まり。来年こそは、この壁を打破した…

  2. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

    ダブルスの試合で、使えるショット。みなさんの意識って、どうでし…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」するだけで改善される

    「とにかくストロークで、ネットミスが多いんです・・・」という方、ご質問…

  4. テニス クレーコート
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい

    前に出たけど、頭上を抜かれる。または、ダブルスのパートナーが抜…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安定する!

    低い打点のストロークは、きっとアナタが思っている以上にリスクが高い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない
  4. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心してい…
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ
PAGE TOP