テニス スライス

ストローク

スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。

私が一番、スライスショットの「良いな!」と思う部分は、ココです。

スピン系だと難しいことが、スライスだと出来るのがテニスの面白いところですね。

 

スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

 


 

1.長く、短く、自由自在

スライスは長いショット、短いショット。

深いショットに浅いショット、基本的に同じ打ち方で打てる。

フォロースルーを少し調整するだけで、打った瞬間はほとんど分からないのが凄いところ。

スピン系だと、通常のストロークとトップスピンロブ、ショートクロスは、やっぱり打ち方が微妙に変わってくる。

打った後だと、違いは明白ですよね。

スライスは打った後も分からない。

だからドロップショットも、一歩目が遅くなりがちなんです。

 

2.3種類のショットを、使い分けよう!

試合では、3種類のショットをスライスで使いたい。

ストローク、ドロップショット、ロブ。

この3種類は、特にダブルスの試合で威力を発揮する。

まずはリターン。

相手前衛が動いてきても、同じフォームでスライスロブが打てる、サーブ&ボレーの相手の足元にも打てる、雁行陣なら深いスライスも打てる・・・というイメージを、常に練習から磨いていきましょう。

上手い相手ほど、3種類の違いを「警戒」してくれる。

早めに手数を見せておく、ことが試合巧者の第一歩ですかね。

 

3.厚い当たりのスライス、はフラットに近い打感で

良いスライスは、実はフラットに近い。

ボールの下を擦るようなスライスは、実はコントロール出来ないので使えないのです。

試合の大事な場面でも、しっかりラケットとボールが接する面積が大きい、厚い当たりのスライスを打てるようになりましょう。

コツは、ボールの真後ろをしっかりとらえて、ボールが当たった後にラケット面を上に向けていくこと。

早く上に向け過ぎると、擦るようなスライス、になってしまいますよ。

 

スライスは、覚えても覚えなくても良いショット、ではありません。

試合で勝つには必要だし、アナタを確実に助けてくれるショット。

身に付けている人とそうでない人の差は、年齢を重ねるに従って大きくなる。

その覚悟で、練習していきましょう。

 

今回のまとめ

スライスを同じフォームで3種類のショット、が打てれば試合で超絶使える

 

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能性が高いです

    ベテラン選手の中には、スライスを得意にしているプレイヤーの方が多い。…

  2. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで

    皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    アナタのストロークに迫力が足りないのは、「テイクバックの高さ」が足りないから

    テニスの試合に相手って、ストロークですごく威圧される感じ、ありますよね…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

  5. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?

    花粉症シーズン真っ盛りである。もう10年以上も花粉症が続いてい…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK

    両手バックハンドのテイクバック、みなさんどうでしょうか。何とな…

特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    右利きの方は、スマッシュも右側で打ち終わりで良い
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない
  3. テニス 環境

    サーブ

    ダブルスの試合で必要な、「フォーメーション用ファーストサーブ」を身につけよう
  4. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し
  5. テニス チャンス

    戦術

    スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの
PAGE TOP