テニス ストローク

ストローク

テニス初心者の頃から身に付けたい、「身体を横向きに作って、相手方向を見る癖」について

テニスに必要な動き、意識はたくさんあります。

その中でも私がもっとも大事で、初心者の頃から意識を高く持ってもらいたいのがこのポイント。

「身体の横向き」を作って、相手を見るという形です。

自分の肩にアゴが乗るような感じで、首を柔らかくして構える。

弓道やダーツなど、しっかり点で狙うような種目の構え、参考になりますよね。

テニスでは非日常のこの構えがいかにしっかり出来るか・・・で、上達速度は恐ろしく変わります。

 

テニス初心者の頃から身に付けたい、「身体を横向きに作って、相手方向を見る癖」について

 


 

■横向きで相手方向を見る、という動作は非日常的

スポーツにおいて、基本となる構えは大事。

特にテニスはネットを挟んで相手と向き合い、延々ボールを打ち合う競技です。

何も意識しなければ・・・当然、身体はいつも正面向きに、相手方向を見る。

両足のスタンスも、ベースラインと並行でしょう。

ですがそれでは、ボレーもストロークも打てないのはご存知の通り。

身体を、上半身だけでも「横向き」を作らないと、硬式テニスは特に狙った方向に安定して打つことが出来ないのです。

 

■毎日「首」のストレッチをするだけで、テニス選手らしい構えが出来る

身体全体のトレーニングも大事ですが、テニス選手であれば「首」周りの柔らかさは絶対に必要です。

片手バックハンドストロークを打つ選手なんて、ほぼ背中方向に向かって打つくらい、肩を入れないとコントロール出来ない。

だからこそ、しっかり毎日お風呂上りに首を上下左右に可動域を拡げるように、じっくりストレッチしてみて下さい。

横を向くときは、相手をしっかり狙うイメージで。

上を向くときには、スマッシュを打つボールを追いかけるイメージで。

日々のイメージトレーニングにもなるはずです。

 

■「横向きの視界」に慣れれば、立派なテニスプレイヤー

身体を横向きに作って相手を見る、ボールを打つ、ことに慣れること。

これがテニス選手としての第一歩です。

人間、不安があるとどうしても相手方向に対して、正面を向いてしまいがち。

ストロークでも、しっかり構えていると思っても打ちながら身体が開いてしまう。

結局は、不安だから、自信が無いから身体が正面を向いて開いてしまうんです。

この壁を乗り越える為には、初心者のうちから「横向き」を強く意識しておくことが望ましいです。

 

今からでも、もちろん遅くありません。

しっかり横向きの態勢、作れるようにトレーニングしていきましょう。

テニスって、身体の動きは窮屈なスポーツです。

テニスでは自分の動きを制限するからこそ、安定感のあるフォームが身に付く。

改めて自分の構え、フォーム、横向きの視点で、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

    試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで力を入れるのは、ラケットを振るためじゃない

    力を抜いて、リラックスすること。分かってはいても、つい試合では…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ

    スライスを武器にしたい、でも何をすれば・・・?と悩んでいる皆さん。…

  4. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?

    色々記事で書いてきましたが、私が一つ、得意なショットを挙げるとすれば何…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットをしっかり決めるコツは、〇〇に有り!

    試合の中で、浅い場所を狙うドロップショット。ちょっとしたコツで…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい

    試合をしていて、感じること。「あ、この相手は苦労して来てないな…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう
  2. ストローク

    フォアハンドのコントロールアップ、を目指す方へ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリして…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと
  5. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!
PAGE TOP