テニス ボレー

ストローク

相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!

もう、どう考えても「失点濃厚」な場面、ありますよね。

試合で、大きく走らされてオープンスペースがハッキリ出来てしまった・・・相手は打ち込むだけ・・・。

こういう状態で、アナタに何が出来るでしょうか?

何も出来ない?そう考えるのは、ちょっともったいないですよ。

試合に出ている人、相手のタイプによってはまだチャンスがある。

実は、「動かない」ことが思わぬ効果を発揮する、ことがあるのもテニスの試合です。

 

相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!

 

1.ヤバイ!と思って動いても、相手の思うツボ

私自身、試合で「ヤバイ!」と思って走って戻る、そんなポイントは多いです。

特にシングルスの試合、ですかね。

1人で守っていて、左右に走らされてオープンスペースが出来てしまう、ことは試合の中でたくさんあるでしょう。

そんなときに、ずっと追いかける、オープンスペースを消さないと!と思うと、しんどくなる。

ここで、冷静になって欲しいんですよね。

相手は、何を考えているのか。

当然、「戻りに走っている、アナタ自身の姿」も目に入ってくる。

だったら、その心理を逆手に取ってみませんか?

 

2.オープンスペースに、あえて「走らない」と決める

私はよく、これをやります。

相手が、戦略家タイプ、冷静で慎重、そしてちょっと「ひねくれている」ような感じの選手だと、逆を突くのが好きですからね。

あえて動かないで、走るフリだけして待ってみる。

そうすると・・・嬉しいことに、自分がいる場所、に打ってくれるんですよ。

そうなったらもう、コチラのカウンターチャンス。

相手からすると、「あれ?反対に走ってないの!?」となって、慌ててくれますからね。

どうでしょう、イメージ出来ますか?

 

3.こちらとしては、失ったポイントだから怖く無い

割り切って考えれば、こうだと思います。

もうこちらとしては、失ったポイント、取れれば儲けもの、な感覚。

フェイントを入れて引っ掛けて、それに引っ掛かったらカウンターで仕留める。

相手からしたら、すごくショックでしょうね。

追い込んで、更に相手の逆を突いたつもりが、そこにいるんですから。

もう、やってられないですよね・・・。

こういうポイントって、実は1ポイント以上の価値がある。

相手の攻撃心理を逆手に取る、これほど楽しいことは無いですからね。

 

4.「動かない」ことがフェイントになるのがテニス

動くこと、もフェイントになるし、その逆もある。

相手が「走っているだろう」と思う場所に走っても、効果は無いし後手に回るだけ。

それよりは、少しでも相手の心理を逆手に取って、「ポイントが取れる確率を上げる」ことに注力したい。

普通と逆、のことをすれば、相手にとって「動かない」ことも良いフェイントになりますよ。

特に、考えてくれるような思慮深いプレイヤーにとっては、それが良いプレッシャーになる。

シングルスの試合で、まずは試してみて下さい。

あえて、オープンスペースに走らない。

これはサボっている訳では無く、動かないタイプのフェイントになるはずです。

 

強い相手ほど、効きます、こういう作戦。

相手は、次からのチャンスですごく迷ってくれますしね。

「何なんだ、この相手は・・・」と思わせて、惑わせていく。

そうすれば、いつの間にか走らされているアナタが、相手を凌駕している。

そんな試合、最高に楽しくないですか?

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!

    女性の方で、ココ苦戦している方多いですよね。高い打点の、両手バ…

  2. テニス スライス
  3. ストローク

    バックハンド狙い、を成功させたいなら…?

    とにかく、相手のバック側を狙う。これは、テニスの試合では大原…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!

    浅いボールの処理、テニスの試合では実力が一番現れると言っても良いでしょ…

  5. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

    試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。よくあるケ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「自分にとって平凡なショットで試合を制す」ことが出来れば、テニスの試合に強くなっ…
  2. テニス スライス

    ボレー

    ハーフボレーは、先に〇〇を作って完成!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「他競技の名勝負から学ぶ」テニスのメンタルトレーニングにお勧めの動画5選
  4. 戦術

    自信とは、自分で作り出していくもの
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギ…
PAGE TOP