テニス ボレー

ロブ

ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

ダブルスの試合が強い人は、ロブが本当に上手い。

攻撃でも守備でも、すごく使える場面を増やしている印象ですよね。

みなさんも、ちょっとの意識でロブは今より、もっともっと得点できる手段になり得る。

私が意識しているポイント、まとめてみます!

 

ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

 


 

1.ロブは高く、という誤解

私が書いてきたのは、ロブは「低め」に打つことが効果的、ということ。

低く打つことで、後衛もカバーできない、前衛も触ることもできない、ような軌道に変えていくことが出来ますよね。

ロブは高く、というのはあくまで守備的な発想。

時間を稼ぐためには、高く打ち上げるのが有効な場面もあります。

でも、今回のテーマは、低く、中ロブで攻撃していこうということです。

 

2.ロブを打ち上げる、のではく押し込んでいく

前衛の後ろ、にボールを押し込んでいく。

上に打つのではなく、まずは前方向にしっかり打つ。

普通のストローク、に近い感じで私は良いと思いますよ。

あくまで攻撃的に、低めに打つ、前衛を下げるつもりで押し込んでいく。

チョン、とラケットを当てるのではなく、しっかり前にラケットを出していきましょう。

スライスでもスピンでも、基本は振っていくのが基本です。

 

3.相手前衛のラケットの位置、にヒントが隠れている

前衛の伸長が低ければ、ロブのチャンス?

それは浅はかな発想です。

相手はロブを打たれ慣れているし、身長が低い選手は足も速い。

むしろ、私は身長よりもラケットの構えの位置、に着目して試合ではロブを使います。

ラケットの構えが低い、ネットの高さよりも低いような選手。

また、ラケットヘッドが下を向いている選手は、まずロブに弱いと考えて良い。

こういう相手には、低いロブをどんどん使っていくことをお勧めします。

 

4.ロブで痛めつけたら、次は足元へ

実際に、押し込むようなロブ、を使っていくと・・・相手はどうでしょう。

少し、ポジションを下げるような対応をしてくる、ことが予想されますよね。

実際に、ロブを打った後には、ポジションを下げる、または上が気になるのは当たり前。

そうなると、今度は足元へのショットが有効になりますよね。

ネットから離れてくれれば、しめたもの。

足元へのショットもうまく使いながら、押し込むような低いロブ、このセットでいきましょう!

 

ロブの軌道のイメージ、打ち方、しっかり変えていきましょう。

しっかりと攻撃に使うこと、を試合でイメージしながら練習してみてください。

自分が打たれたら、嫌なロブ。

そこに大きなヒントがあるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?

    相手のスマッシュや、速いストロークやボレーをロブで返球する。試…

  2. ロブ

    人がロブを打ちたくなる瞬間、には法則がある

    みなさんも試合をしていて、感じることがあるはず。「ロブが来そう…

  3. ロブ

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理由とは?

    現代テニスでは、ラケットの進化によりストロークの技術がどんどん進歩して…

  4. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

    試合で、なかなかロブが入らない、安定しない。こうなると、もう強…

  5. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

  6. ロブ

    ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

    ミックスダブルスの試合で、一番考えておくべきポイント。それは、…

コメント

    • パセリ
    • 2018年 3月 05日

    相手前衛のラケットの位置を見逃さず押し込むロブ活用してみます。
    まずは仲間に試してみます!!

      • tomita
      • 2018年 3月 05日

      ちょっとしたコツですが、まず仲間の中で実践してみるとすごく効果的だと思います。自信をつけて、試合の本番でも試してみて下さいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう
  2. 練習メニュー

    「ミスばっかだと、練習になんねぇよっ!」と、テニスの練習でアナタは言えますか?
  3. 戦術

    相手を動かすショットで、ミスをしない
  4. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、男女でのラリーをどう戦うか
PAGE TOP