ストローク

雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。

ここでしっかり、押していけるのかどうか、みなさんどうでしょうか?

若い選手のようなストローク、に対抗するには、パワーじゃない。

私は、まずバリエーション、が大事だと思っています。

雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

1.相手の後衛を、しっかり動かそう

ダブルスの試合、私はこれを意識して入ります。

雁行陣でも並行陣でも、相手の後衛をしっかり動かす。

ダブルスですから、当然左右に大きく動かすのは難しいですよね。

前衛がいますから、シングルスのように左右に振ることは難しい。

でも、前後なら・・・どうでしょう。

そもそも、テニスコートは前後に長い仕様になっている。

この特性を、雁行陣でも活かさない手は無いですよ。

2.相手の居場所から、引っ張り出す

何度も書いて来ましたが、相手の居場所から引っ張り出すことがテニスでは大事。

雁行陣の後衛、ベースライン上からストロークを気持ち良く打っている相手を、そのままにしておくと辛いだけ。

前のスペース、雁行陣の穴を狙っていくことがまず、大事な作戦になります。

ここに打てるショット、でバリエーションがあるかどうか。

ショートクロス、ドロップショット、何でも良いので相手を走らせるショット、が欲しい。

そうなることで、通常のストロークでも押していけるようになるんです。

3.複数の選択肢があるから、相手は迷う

ベースライン上にいても、不安になってくれます。

「前のショットがあるかも知れない」と思うだけで、ちょっとだけ意識が前がかりになるんですよね。

そうなると、今までの深いボールがより活きて来る、差し込まれるようになる。

バリエーションを相手に見せられると、迷いを生じさせることが出来る。

複数の選択肢、を相手の後衛に提示してあげることで、アナタ自身が主導権を握ることが出来るはずです。

4.スライスも使えれば、最高です

私は、これも使います。

スライスをクロスに、雁行陣のラリーでも使う。

「え?そんなのポーチに出られて終わりじゃない?」と思いますよね。

スライスでロブ、を見せておけば大丈夫。

相手の前衛を足止めして、遅いスライスで相手の後衛を揺さぶっていくのは快感ですよ。

ダブルスでスライスストローク、使うのはちょっと怖いですけどね。

相手前衛にロブを見せておけば、大丈夫。

悔しそうに、横を通過していくのを見ることしか出来ないでしょうから。

これも、雁行陣で必要なストローク術の一つです。

どうしても、単調なラリーになりがちですよね。

自分から、いかに揺さぶりをかけていくのか、が試合では大事になる。

ただストロークで押していくだけ、の頭になると、ムキになって危険。

ぜひ、バリエーションという要素を、しっかり頭の中に入れておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 【学生限定 先着順!東京都練馬区開催】1,000円で3試合できる T-PRESS…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

    浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。こういう時には、積…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ

    テニスを始めたばかりの頃、ストロークはしっかりボールが落ちるのを待って…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない

    たまに入る、威力のあるストローク。でも、安定感が無いから試合で…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライジングショットも打ち…

    ストロークを攻撃的に改良していきたい、と考えている人は、しっかり「一番…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのコース変更は、打つ直前には出来ない

    前衛で、動きが遅い、なかなか触れない人は、考えて欲しい。相手を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雨

    戦術

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ
  2. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある
  4. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている
  5. その他

    試合で相手に「打ち込まれる」態勢、取れてる?
PAGE TOP