テニス 準備

ストローク

ネットプレイヤー相手に、ストロークを無理やり沈めようとしなくても大丈夫です

相手が前に出て来ると・・・つい力んで、ミスしてしまう。

それって、強引に足元に沈めようとしてのミス、がほとんどじゃないでしょうか?

これって、もったいない話。

だって、相手はそのアナタのミスが大好物。

ボレーするまでもなく、ポイントを取ることが出来ている訳ですからね。

焦らず、じっくりネットプレイヤーを料理していくこと。

強引に沈めようとしなくても、全然大丈夫です。

 

ネットプレイヤー相手に、ストロークを無理やり沈めようとしなくても大丈夫です

 

1.腕でこねても、ボールは沈まない

そもそも、強引になった時点でおかしくなっているはず。

普通のストロークと違う打ち方をしても、ボールに良い回転はかからない。

あくまでしっかり振り切る、のが基本ですからね。

それはネットプレイヤーに対しても同じ。

ここで意識したいのは、ネットプレイヤーとネットの間の距離感。

まずこれを確認しないと、ボールを沈めようにもどこにコントロールするのか想定出来ないですよね。

 

2.まずは相手をネットから遠ざけよう

先に言っておきますが、ネットに「ド詰め」した相手には足元に沈めるなんて無理です。

そもそも、足元のスペースが無いですからね。

こういう相手もそうですが、まずはネットから「遠ざける」という作業をしてあげないと。

ネットと相手の距離だ空いた段階で、初めて「沈める」というボールが打てるようになる。

この意識が無くて最初から強引に足元を狙っても、それは自殺行為。

相手をネットから遠ざける、為に何が必要なのか。

そこに焦点を当てていきましょう!

 

3.試合の1球目で、挨拶代わりのロブ

私はほとんどの試合、これを使います。

リターンの最初のゲーム、相手はサーブ&ボレー。

まずは挨拶代わりのロブを打って、「前に詰めて来ても、コレがあるからね」と伝えておきます。

よく相手が前に来てからロブ、を打つ選手もいますが、もうその時点で後手でしょう。

相手からすると、自分のネットプレーを嫌がってくれているな・・・と自信を深めるかも知れない。

印象に残りやすい、試合の序盤、1球目にしっかり打つ。

そうすることで、相手の出足を抑えることが出来ると思いますよ。

 

4.打っている本人、じゃないパートナーがチェック!

冷静に相手を見れるのは、やっぱり「ボールを打っていない人」ですね。

味方からのアドバイス、大事です。

「相手は結構前にいるから、沈めようとしてもきついかな・・・1回ロブだね」という風に言える。

相手に応じて、「あの選手はサーブ&ボレー、そんなに前に来ないから沈められると思うよ」という違いを伝えるのも良い。

打っている側、だけだとなかなか分からないことが多いですからね。

アナタ自身、しっかり情報を与えられる前衛になりましょう!

 

5.沈めるコツは、良い「遅さ」にある

以前も書きましたが、沈めるときには「遅い」ボールの方が良い。

速いと相手に早く到達してしまいますからね。

遅いけど、ボールがしっかり回転しているショット、アナタは打てますか?

スピン、スライス、しっかり振り切るけど、球速は遅い・・・ようなボール。

これは、意識して練習しないと絶対に身に付きません。

そして身に付かないと、相手の並行陣は崩せない。

ぜひ、練習から自分なりに工夫して、試行錯誤しながら探ってみて下さい。

 

並行陣を崩す、沈めるボール。

これはダブルスでは必須のショットですし、ボールが高いというだけで試合にならないレベルもある。

卓球、バドミントン、テニス・・・ネットプレーのスポーツの宿命、です。

ネットを越えたら、失速する。

相手をしっかり下げた状態で、打っていく。

そうすればネットプレイヤー相手でも、全然怖くないでしょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること

    ライジングショットのコツ、一言で言えばこれでしょう。みなさんが…

  2. テニス 練習

    ストローク

    力んでネットミスのストローク、を減らす6つの方法

    試合の中で、力んでネットミス。これって一番多い失点のパターン、…

  3. テニス ソフトテニス
  4. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注意が必要

    片手バックハンドのボレー、ストロークを試合で使う方は多いと思います。…

  5. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

    相手が前に出て来ているから、しっかり足下に沈めたい。自分では良…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す

    ストロークミスが多いとき、それは「低い打点」で打たされていることが多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践…
  5. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ
PAGE TOP