ストローク

「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

目次

ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。

相手の攻撃をしっかり受け止めて、ディフェンスしないと攻撃のチャンスも巡って来ない。

でも相手もチャンス作ろうと色々なショットを打って来る。

 

「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

 


 

特に、グリグリのトップスピンでボールを弾ませて攻撃してくる場合が多いから、高い打点で返球出来ないと粘れないよね。

でも高い打点のショットってなかなか力がボールに伝わらなくって打ちにくい・・・って思っている人いない?

ま、打ちにくいから相手もそうやって弾ませてくるんだけど、その高いのを返球するには、やはりちょっとしたアレンジが必要。

それはまず・・・グリップだ

しっかりとトップスピンを掛けて返球したいんだけど、その為には、ボールを捕らえるラケット面が下向き状態になっていないとマズイ。

でもだいたい腰くらいの普通な高さのショットを返球する時のグリップで、そのまま高い打点を処理しようとすると、ラケット面は下向き状態を維持出来なくなる。

そうするとしっかりしたショットで返球出来ず、ミスしたり浅いショットで甘くなったり・・・。

だからしっかりと高い打点で返球する場合は、グリップも面の下向きを維持出来るくらいの厚いグリップが必要になる

でもグリップが厚くなればなるほど、スウィングスピードも上げないといけないので、軸足から効率良くパワーもらってスウィングスピードを上げることも練習しておかないといけない。

グリップとスウィングスピード・・・・高い打点で打つのを覚えるために色々やらないといけないんだけど、もう一つ大事なのは、打ちにくければ無理せずこっちもしっかり弾ませて、同じような高いバウンドのショットを作ること。
 



 

高い弾道と、しっかりとしたトップスピンの回転量

これを覚えておかないと、相手の高いバウンドのショットに挑発されて、中途半端な攻撃してしまうよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり

    左利きの方なら、右手、ですね。とにかく、ラケットを持っていない…

  2. ストローク

    重たいスライス、で気付いたこと

    今年の2月、まだコロナウィルスで自粛の前に練習した、重たいスライス。…

  3. テニス ストローク
  4. テニス フットワーク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

    現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。錦…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

    テニスの試合では、ポイントを失うにしても最後まで諦めないことが大切。…

特集記事

  1. 戦術

    コードボールを返球する、その意欲が大事
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い
  3. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
  4. テニス コントロール

    その他

    「なぜ、出来ないのか?」を、実は誰も真剣には考えない
  5. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る
PAGE TOP