テニス ストローク

ストローク

テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに振り切れます!

試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックになる人。

誰でもその危険性はあります。

そんなときに挽回して試合を勝ち切れるテニスができるかどうか、それはひとえに修正できる力があるかどうか。

今回は、ストロークが乱れたときに「肘の位置」に注意することで修正できるかも知れない、そんな方法をご紹介。

もちろん、普段のストローク時からチェックしたいポイントですので、ぜひ試してみて下さい!

 

テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに振り切れます!

 


 

■ストロークを打つ瞬間の肘の位置、意識していますか?

ストロークのフォームで重要なポイント、それは下半身からの動きをうまく上半身、そしてラケットにつないでいくこと。

この最後の力の伝達で大事なポイントが、肘です。

この肘の位置が身体から離れ過ぎてしまうと、上手くラケットに力が伝わらずに合わせるだけのフォームになってしまいがち。

しっかり腰に近い位置に肘をセットして、ラケットをコンパクトに振り抜くことができれば緊張した場面でもしっかり良いストロークが打てるようになります。

 

■打球が低ければ、腰の位置も下げる!

打球が低い、特にスライスで滑ってくるようなショットに対しては、しっかり腰を落としましょう。

よく上半身を倒して打つのに慣れてしまっている選手がいますが、それではコントロールが難しい。

上体は起こした状態で、腰を落として肘の位置も落として構える。

そうすることでまずネットミスを減らすことができ、大事な場面でのミスを減らすことにも繋がる。

それだけ肘から腰の位置関係、距離感は安定させることがテニスのストロークでは大事になってきます。

 

■ストロークが乱れたときは、大抵準備が遅い!

ほぼ試合で乱れてしまう原因は、準備の遅さ。

それを改善するためには、どこか身体の部位にポイントを絞って「ここをこうする」と決めておくと良いでしょう。

私の場合は、肘を身体の前にセットする、肘を後ろに引かない、ということを意識するようにします。

こういったポイントは、常にテニスノートにメモしてチェンジコートで見直すようにすると良いでしょう。

準備を速くするには、まだまだ他の方法があるかも知れません。

アナタ自身が試合で修正しやすい方法、ぜひ積極的に探してみて下さい。

 

一昔前、ロディック選手に代表されるようにフォアハンドを得意とするストローカーの選手は肘からのテイクバックが主流でした。

その後のラケットの回転動作からヘッドスピードを上げやすいのが利点ですが、やはり一般の方が真似するには怪我のリスクもあり難しい。

だからこそ、肘はある程度前に残して腰に近い位置でキープ。

そこからのスィングでも打点を前に取れれば充分、良いストロークが打てます。

試合中に乱れたときには、まずシンプルに修正していくこと。

この経験をたくさん積むことが、テニスの試合を勝ちぬく上でとても重要です。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. ストローク

    ダブルスの試合で、ボールが浮かないようにするには?

    ダブルスの試合で、すぐにストロークのボールが浮いてしまうという方へ、…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを上達させたいなら、「ネットプレーへの流れを意識」で変わる

    テニスの試合で、スピード間のあるネットへの流れ。これが出来る人…

  3. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「切れ味鋭いストローク」の基本は、20年前とは大きく変わっているという事実について

    テニスの基本、それは常に変化している。もちろん、変わり無い基本…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

    テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘され…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」…
  2. テニス 雑誌

    戦術

    作戦を決めて挑まないから、いつまで経っても試合で成功も失敗も無い
  3. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
  4. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、…
PAGE TOP