テニス ストローク

ストローク

テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに振り切れます!

目次

試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックになる人。

誰でもその危険性はあります。

そんなときに挽回して試合を勝ち切れるテニスができるかどうか、それはひとえに修正できる力があるかどうか。

今回は、ストロークが乱れたときに「肘の位置」に注意することで修正できるかも知れない、そんな方法をご紹介。

もちろん、普段のストローク時からチェックしたいポイントですので、ぜひ試してみて下さい!

 

テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに振り切れます!

 


 

■ストロークを打つ瞬間の肘の位置、意識していますか?

ストロークのフォームで重要なポイント、それは下半身からの動きをうまく上半身、そしてラケットにつないでいくこと。

この最後の力の伝達で大事なポイントが、肘です。

この肘の位置が身体から離れ過ぎてしまうと、上手くラケットに力が伝わらずに合わせるだけのフォームになってしまいがち。

しっかり腰に近い位置に肘をセットして、ラケットをコンパクトに振り抜くことができれば緊張した場面でもしっかり良いストロークが打てるようになります。

 

■打球が低ければ、腰の位置も下げる!

打球が低い、特にスライスで滑ってくるようなショットに対しては、しっかり腰を落としましょう。

よく上半身を倒して打つのに慣れてしまっている選手がいますが、それではコントロールが難しい。

上体は起こした状態で、腰を落として肘の位置も落として構える。

そうすることでまずネットミスを減らすことができ、大事な場面でのミスを減らすことにも繋がる。

それだけ肘から腰の位置関係、距離感は安定させることがテニスのストロークでは大事になってきます。

 

■ストロークが乱れたときは、大抵準備が遅い!

ほぼ試合で乱れてしまう原因は、準備の遅さ。

それを改善するためには、どこか身体の部位にポイントを絞って「ここをこうする」と決めておくと良いでしょう。

私の場合は、肘を身体の前にセットする、肘を後ろに引かない、ということを意識するようにします。

こういったポイントは、常にテニスノートにメモしてチェンジコートで見直すようにすると良いでしょう。

準備を速くするには、まだまだ他の方法があるかも知れません。

アナタ自身が試合で修正しやすい方法、ぜひ積極的に探してみて下さい。

 

一昔前、ロディック選手に代表されるようにフォアハンドを得意とするストローカーの選手は肘からのテイクバックが主流でした。

その後のラケットの回転動作からヘッドスピードを上げやすいのが利点ですが、やはり一般の方が真似するには怪我のリスクもあり難しい。

だからこそ、肘はある程度前に残して腰に近い位置でキープ。

そこからのスィングでも打点を前に取れれば充分、良いストロークが打てます。

試合中に乱れたときには、まずシンプルに修正していくこと。

この経験をたくさん積むことが、テニスの試合を勝ちぬく上でとても重要です。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. ラジオ番組、始めました!
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり…

    学生の皆さんの中で、片手バックハンドストロークを得意にしている人、どれ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

    スィングスピードって速い方が良いか、遅い方が良いか・・・って聞かれたら…

  3. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて

    深いボールのストローク、になると急激に増えるもの。それはミス、…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    アナタのストロークに迫力が足りないのは、「テイクバックの高さ」が足りないから

    テニスの試合に相手って、ストロークですごく威圧される感じ、ありますよね…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

    200キロのサーブを打つためには、200キロ以上のスウィングスピードが…

  6. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?

    試合の中で、コースを打ち分ける時に。上手い人は、ほとんど同じフ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
  2. メンタル

    テニスの中に、好き嫌いを作ろう
  3. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練
PAGE TOP