テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

ダブルスの試合で、どうも相手のサーブの調子が悪そう。

ここは一気に攻めていきたい・・・ときに、ぜひ実践して欲しいのが「相手前衛を狙う」という作戦。

サーブが入らないことで、一番困っている、リズムに乗れないのは・・・そう、前衛なのです。

 

ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

 


 

■「セカンドサーブがやっと入ったとき」は、前衛もビックリ!?

アナタ自身も経験あるかも知れませんが、入るか入らないか分からないサーブのときには、前衛はすごくやり辛い。

ポーチに出るのも難しいし、セカンドは叩かれるかも知れない、でも助けにいかないといけないか・・・と、頭の中でモヤモヤしてしまいがち。

そんな中で、急にサーブが入っても、なかなか動けない、ストレートへの誘えないのがテニスのダブルス。

この急所を突いていくのは、リターン側として非常に有効な作戦です。

 

■サーバーの選手に、「せっかく入ったのに、失点か・・・」というダメージを与える

前衛の選手にアタックしてポイントが獲れれば、サーバーの選手は落ち込んでくれます。

せっかくサーブを入れても、やっぱりだめだったか・・・。

そう思わせれば、試合の勝ちも見えてきます。

重要なのは、この作戦をしっかり自分たちペアの中で共通認識で準備しておくこと。

急に実践するのではなく、準備しておけば2人で前衛相手にしっかりチャージできます。

 

■スピンロブ、ディンクショット、ボディアタックなど、ぜひバリエーションを豊富に

ストレートへの展開も、何パターンかショットでバリエーションを用意しておきましょう。

もったいのは、せっかくサーバーが苦戦しているのにリターンでミスをしてしまうこと。

これで相手が持ち直して、サーブの調子を上げてくるかも知れません。

ロブや回転量をコントロールした遅めのショットなど、とても有効です。

一度しっかり触らせて、その返ってきたボールからポイントを獲るイメージで攻撃していきましょう。

逆の立場に立てば、しっかりサーブを入れていかないと、前衛を活かせないということ。

特にファーストサーブですね。

リズム良く入っていると、前衛もしっかり一緒に乗っていけます。

ダブルスでは少し威力を落としてでも、ファーストサーブを入れていきたい。

ぜひ次のダブルスの試合で、ペアで実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    味方のペアをカバーする、という概念がアナタを弱くする

    ダブルスの試合、アナタ自身「頑張り所」を間違えてはいけない。い…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る

    ダブルスの試合で、流れを大きく動かすのはやはりポーチ。前衛の動…

  4. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合でゴチャゴチャ動いた後は、「相手がつないで来るボール」が絶対にチャンスになる

    ダブルスの試合で、皆さんこんな経験は無いですか?陣形がロブとか…

特集記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね…
  2. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコ…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    並行陣を相手にしたら、真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!
  5. テニス 準備

    メンタル

    勝っていようが負けていようが、自分の中で「変えない作法」はあるか?
PAGE TOP