テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

ダブルスの試合で、どうも相手のサーブの調子が悪そう。

ここは一気に攻めていきたい・・・ときに、ぜひ実践して欲しいのが「相手前衛を狙う」という作戦。

サーブが入らないことで、一番困っている、リズムに乗れないのは・・・そう、前衛なのです。

 

ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

 


 

■「セカンドサーブがやっと入ったとき」は、前衛もビックリ!?

アナタ自身も経験あるかも知れませんが、入るか入らないか分からないサーブのときには、前衛はすごくやり辛い。

ポーチに出るのも難しいし、セカンドは叩かれるかも知れない、でも助けにいかないといけないか・・・と、頭の中でモヤモヤしてしまいがち。

そんな中で、急にサーブが入っても、なかなか動けない、ストレートへの誘えないのがテニスのダブルス。

この急所を突いていくのは、リターン側として非常に有効な作戦です。

 

■サーバーの選手に、「せっかく入ったのに、失点か・・・」というダメージを与える

前衛の選手にアタックしてポイントが獲れれば、サーバーの選手は落ち込んでくれます。

せっかくサーブを入れても、やっぱりだめだったか・・・。

そう思わせれば、試合の勝ちも見えてきます。

重要なのは、この作戦をしっかり自分たちペアの中で共通認識で準備しておくこと。

急に実践するのではなく、準備しておけば2人で前衛相手にしっかりチャージできます。

 

■スピンロブ、ディンクショット、ボディアタックなど、ぜひバリエーションを豊富に

ストレートへの展開も、何パターンかショットでバリエーションを用意しておきましょう。

もったいのは、せっかくサーバーが苦戦しているのにリターンでミスをしてしまうこと。

これで相手が持ち直して、サーブの調子を上げてくるかも知れません。

ロブや回転量をコントロールした遅めのショットなど、とても有効です。

一度しっかり触らせて、その返ってきたボールからポイントを獲るイメージで攻撃していきましょう。

逆の立場に立てば、しっかりサーブを入れていかないと、前衛を活かせないということ。

特にファーストサーブですね。

リズム良く入っていると、前衛もしっかり一緒に乗っていけます。

ダブルスでは少し威力を落としてでも、ファーストサーブを入れていきたい。

ぜひ次のダブルスの試合で、ペアで実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  2. ダブルス

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

    サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。難しく…

  3. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術

    初めて試合に出るけど、どうせなら良い試合をしたい。ダブルスの…

  4. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

    皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛が触る機会を、どうやって後衛が作るのか

    ダブルスの試合で、リズムが悪いときは・・・?きっと、前衛が触れ…

  6. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

    ダブルスの試合で、前衛の選手がサーブを打つ選手にサインを出す。前衛…

特集記事

  1. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある…
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
  3. テニス メンタル

    戦術

    淡々と同じことを繰り返す、のが得意な人はテニス向き
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されま…
  5. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注…
PAGE TOP