テニス ガット

ダブルス

「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?

「プロ選手だからできること・・・」

「長くペアを組んでいる人にしかできない・・・」

そう考えているのであれば、それは誤解です。

テニスのダブルスの試合で、ときにこのフォーメーションは相手を揺さぶる大きな力になります。

先入観があるのであればそれを捨てて、この機会にトライしてみませんか?

 

「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

 


 

■改めて、「Iフォーメーションの基本」とは?

Iフォーメーションは、前衛がセンターに陣取ってサーブがネットを超えると同時に左右どちらかに動いて、サーバーはその逆をカバーするフォーメーションです。

サーバーは基本的にはサービスダッシュをしますが、雁行陣のようにベースラインに居座るパターンもあります。

いずれにせよ、2人ともがセンターに近いポジションから左右を分担して動く、前衛が動いた方向にリターンがくればチャンス!

しかしながらサーブが甘いとサイドを狙われやすい、そんなフォーメーションになります。

 

■目的は「リターン側にプレッシャーを与える」こと

このIフォーメーションは、華やかな前衛のボレーにばかり眼がいきがちですが、目的はリターン側にプレッシャーをかけること。

クロスへの気持ち良いリターンを、崩していくことです。

ですので、相手が考えてリターンミスが増えるのが理想。

例えサイドにエースを決められても、あまり、気にする必要はありません。

それくらい厳しいコースを狙わせて、ミスを増やしていくことこそ、一番の目的です。

 

■Iフォーメーションのコツは、「思い切り」に尽きる!

コツを挙げるとすれば、それは思い切りです。

ダブルスのレベルが上がると、Iフォーメーションの弱点はセンター、即ち2人の間のスペースになります。

それくらい、両者がしっかりサイドに動いているという証拠でもあります。

この「思い切って動く」というのが、Iフォーメーションには必要です。

センターから、自分の担当したサイドは絶対に割らせない、という気持ちのこもったフットワークが勝負を分けます!

 

■自分たちが実践することも大切、「相手にしたとき」も慌てないことが大切

自分たちがこのフォーメーションを身に付けると、相手が実践してきたときにも冷静に対応できます。

先ほども書きましたが、センター、そして両サイドへのロブがIフォーメーションの弱点です。

厳しいサーブが入っても、冷静にこの3か所を突いていければ、慌てる必要はありません。

一番まずいのは、空いていると思いがちの両サイドのアレーに打ち込みにいってしまうこと。

ストローク力やボールスピードで勝負しようとすると、このフォーメーションは崩せません。

一度しっかり相手に触らせる、その返球から崩していく余裕を持ちましょう。

 

テニスでは、変則的なフォーメーションは多くありません。

このIフォーメーションもその一つ。

であれば、まずは実践してみることが大切です。

なぜなら、実践しない限りその対策もイメージがし辛いからです。

「このペアは考えてきているな・・・」

「試合慣れしているな・・・」

と、思わせることがIフォーメーションの有効な心理的な攻撃にもなります。

さぁ、普段の練習メニューから取り入れて、実践していきましょう。

完成度が低いと思っても、まずは試しに試合で実行してみることをお勧めします!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

    ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファースト…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

    対戦相手の、心を折ること。これは、試合の中で絶対に意識したい。…

  3. ダブルス

    ダブルスの雁行陣、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本

    ダブルスの試合、前衛の基本は「ポーチに出ること」と何度も書いてきました…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  5. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来ます!

    学生ペアの試合で、よく観るのは2バックで粘る相手に苦戦する並行陣ペア。…

  6. テニス 調子

    ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、テニスの試合で実際どうやってる?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない
  2. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    女子ダブルスで必要な、スマッシュ力の強化について
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さ…
PAGE TOP