ダブルス

並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

目次

ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。

私は、主役はリターン側の前衛、だと思っています。

この前衛が、リターンと連動してしっかりと、サーブを打った選手にプレッシャーをかけられるかどうか。

この勝負、こそダブルスの試合の勝敗を分ける。

思い切って前に詰める、勇気がアナタにありますか?

並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

1.リターン側の前衛、が動かないと厳しい

アナタ側が、赤側、リターンの場面。

青側の相手からサーブを打って、前に出て来る相手にどう対抗していくか、がポイント。

↑まさに今、青側のサーブを打った選手が並行陣、を作ろうとする場面ですね。

この場面で、サーブの威力にもよりますが、基本的には赤側の前衛は前に詰める用意をしたい。

リターンを打つ選手、後衛の選手が、相手サーバーの足下に沈めてくれる、ことをイメージしながら。

もし、青側の前衛に捕まったら、これはその場面で切り替えて守備。

相手は並行陣なので、相手前衛が触らないところを見て前に詰める、なんて悠長なことを言っている時間はありません。

実際の試合では、リターンを打つ瞬間にこれくらい前↓、にいても良いくらい。

そうすれば、自然と相手のサーブを打った選手、の視界にも入りますからね。

2.上手く2対1、のプレッシャーを作ることが大事

なるべくリターン側の前衛が動いて、相手のサーバーの視界に入る。

そこで、上手くリターンを足下に沈めることが出来れば、大きなチャンスになるはずです。

キーワードは、遅めのリターン。

速いリターンで攻撃したいところですが、これくらい前衛が前に詰めていたら、その前衛を使う感覚でリターンすれば良い。

速いリターンって、↓のように、前衛が前に詰める時間が無いんですよね。

前に詰めるような時間、を上手く作ることが並行陣を崩すリターンの肝。

自分で後ろから攻撃するより、ネットに近い仲間を使いましょう。

3.サーブ&ボレーの選手を、ノリノリにさせてはいけない!

何より、試合でこれが怖い。

サーブ&ボレー、が得意な選手は、乗って来ると手が付けられないですからね。

みなさんもそんな経験、あると思います。

リターン側の前衛が、サービスラインくらいにいると↓、どうでしょう?

もう、楽にクロスにファーストボレーが打てる。

視界も広がっていて、すごく良いイメージでプレー出来る。

こうなると、リターン側の後衛も良いボレーで押し込まれて苦しくなります。

ここに、しっかり割って入る↓勇気が大事です。

前に詰めて、センターに寄るだけで相手の視界に入れる。

そうなると、邪魔なんですよ、やはり。

邪魔だな・・・と、サーブを打った選手が感じてくれると・・・。

↓こんな感じで、強引なストレート、がサイドアウトしてくれるでしょう。

これはまさに、前衛がポーチで決めたのと同じ、いやそれ以上に価値のあるポイント。

プレッシャーをかけて、サイドアウトさせるのは前衛の醍醐味です。

男子ダブルスの試合では、これが出来ないと厳しい。

女子ダブルスの方でも、相手のセカンドサーブ、の場面ではどんどん仕掛けていきましょう。

気持ち良くファーストボレー、並行陣を作らせてはダメ。

リターン側の前衛、で仕事が出来るようになると、アナタはもう立派なダブルスプレイヤーです。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇

    ダブルスの試合で、相手の前衛に捕まってしまう。こういうポイン…

  2. ダブルス

    前衛のポジション、基本に終始してない?

    佐藤プロとの試合解説動画を作ってみて、気付いたこと。みなさん…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

    ダブルスの試合、ペアでスコアに応じた作戦、皆さんはどうでしょうか?…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

    これは、一つ私からの提案です。相手が雁行陣、後衛の選手がストロ…

  6. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある

    今朝行われた、リオオリンピックの女子ダブルス決勝、すごい試合でしたね・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 日々の雑記

    初めての新国立競技場へ
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていけ…
  3. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にあ…
  4. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
  5. 戦術

    試合は総合点、取れるところで取ったもん勝ち
PAGE TOP