テニス メンタル

ダブルス

「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

ダブルスの試合を観ていると、作戦をしっかり実行しているペアは強い。

共通の意識で、徹底してポイント間でも打ち合わせをする。

ですが・・・本当に強い相手になると、ラリーが長くなって個人の判断力が求められる場合も多い。

または打ち合わせした後に、「どうもやっぱり、ポーチに出てきそうだな・・・」と、直前に気付くこともある。

このときに、事前に決めた作戦を遂行するのか、変化を付けるのか。

そこには根拠が必要です。

 

「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

 


 

■味方ペアをだます、くらいの変化が必要なときもある

私も経験がありますが、事前にクロスへのリターン、とペアと決めた後に「変える」ことはある。

相手前衛と眼が合ったときに、「絶対出て来る!」と思ったのでストレートに急遽変更。

ペアからしたら、「ちょっと待て!こっちはクロスに沈めて前に詰める準備しとったのに!」という感じなるかも・・・。

それも覚悟で、根拠があれば味方ペアとの打ち合わせも破棄してしまう。

実は強いダブルスは、こんな感じのプレーも多いのです。

 

■ペアも許容してあげる、味方の判断を尊重することが大事

確かに作戦変更は、ストレスが伴います。

それでも「なぜ変更したのか」をペアに説明し、しっかり意図があったことを伝えれば理解してもらえるはず。

アナタ自身も、味方ペアの判断を尊重する心を持っておいて欲しい。

それくらい、ダブルスの試合は駆け引きが大事な競技。

結果的に試合に勝つ為に、まじめに正直に決めた作戦だけ・・・では、あっさりやられてしまう相手もいます。

こんなことくらいで雰囲気を悪くするようなペアは、もちろん試合で勝つことは出来ません。

 

■臨機応変に対応できる選手が、最後は勝ち上がる

技術もある、体力もある、経験もある。

そんな選手が負けていく・・・のには、もちろん理由があります。

私はたくさんのプロ選手の試合も観てきましたが、「臨機応変」に対応できる選手が最後は勝つ。

それはポイントのプレーの中でも、「このままの作戦ではまずい!」と感じる洞察力だったりします。

そう、例え味方と打ち合わせして決めていた作戦でも、雰囲気を感じて変えていく勇気を持っている。

そんな選手が、最後はトーナメントを勝ち上がっていくのです。

 

テニスコート上では、何が起きるか分からない。

アナタ自身の予測や経験が、ともすれば相手にとって「やりやすいテニス」になっている可能性もあります。

個人の決断、ダブルスではときに絶対に必要です。

長く組んで信頼関係があるペアって、不思議とその感覚も分かるようになるんですよね。

「コイツ、次のポイントは何かやるかもな・・・」と、心のどこかで思って備えておく。

アナタのペアも、そんな臨機応変さとそれを感じるだけのペアの連携、磨いていって下さい。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

    「次のサーブは、センターに打つね」この声掛けだけ、で良いんです…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

    ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。確かにそうですが、そ…

  5. ダブルス

    繰り返しますが、ダブルスの前衛のポーチは、1発で決める必要ありません

    実際に、まだまだ勘違いしている方が多いと思います。ポーチに出れ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

    ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。でも・・・相手のミス待ち…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう…
  3. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
  4. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること
  5. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち抜く人」のラケットバッグは美しい
PAGE TOP