テニス ボレー

ボレー

ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

私が高校時代、ネットプレーがスランプに陥っていたとき。

この言葉で一つ、ステップアップできた記憶があるので思い出して書いてみます。

やることはすごくシンプル、だけど私には効果が絶大でした。

ボレーで悩んでいる方は、何かのきっかけになれば嬉しいです!

 

ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

 


 

■先にインパクト面を作って打点にセットしてしまう

ボレーは時間にあまり余裕が無い。

だけど慌てずに、相手が打った瞬間に、「自分のところに届いたらどんな感じか?」を予測する。

そしてその打点に、先にラケットをセットしてしまうんです。

そのまま当てると当然、飛びませんから少しだけ上に動かしてまた戻す。

そう、打つというより「ラケットを戻す」という動きが正しいでしょう。

 

■ラケットを戻すだけだから、確実に芯で捉えることが出来るはず

ボレーを難しくしているのは、構えながらボールが来るのを待って、最後で打点に合そうとするから。

そうではなく、もう最初から「打点はこの辺だろう」という場所で、準備を完了させてしまう。

相手のボールが速いときは、そのままほとんど動かさずに当てるのもOK。

少し時間があるときには、上から動かしてボールにスライス回転をかけるようにしてみましょう。

 

■沈むボールでも同じ、ボールの変化を予測しよう!

ミドルボレーやハイボレーは、この打ち方のコツがすごく向いています。

しかしローボレーのように低い位置には、最初のセットがなかなか難しい。

それでも意識したいのは、「早く低い態勢を作ってしまう」こと。

ラケット面も一緒に低い位置に準備して、打点を一度確認しておくとベストです。

ストロークがトップスピンだと、沈んできて打ち辛いでしょう・・・しかし、ここは変化まで予測してしっかり対応できるように。

沈められるのは、現代テニスでは当たり前、のことです。

 

このコツ、実はストロークでも応用が効きます。

マレー選手のバックハンド、一度注意して見てみて下さい。

一旦打点でインパクト面を作ってから、後ろに引いている。

この動作があるから、ほぼ当たり損ないが無い安定したストロークを継続出来るんですね。

ボレーの次はストローク、でも試してもらえると嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

    ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。速い…

  2. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしま…

  3. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよう

    今年の4月からテニスを始めて、約半年くらいの方。色々と悩みはあ…

  4. ボレー

    ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い

    ダブルスの試合でラリーになると、どこに返球すれば良いのか分からなくなる…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

    ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、…

  6. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切るこ…
  2. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割
  3. テニス ストローク

    サーブ

    試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
PAGE TOP