テニス ボレー

ボレー

ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

私が高校時代、ネットプレーがスランプに陥っていたとき。

この言葉で一つ、ステップアップできた記憶があるので思い出して書いてみます。

やることはすごくシンプル、だけど私には効果が絶大でした。

ボレーで悩んでいる方は、何かのきっかけになれば嬉しいです!

 

ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

 


 

■先にインパクト面を作って打点にセットしてしまう

ボレーは時間にあまり余裕が無い。

だけど慌てずに、相手が打った瞬間に、「自分のところに届いたらどんな感じか?」を予測する。

そしてその打点に、先にラケットをセットしてしまうんです。

そのまま当てると当然、飛びませんから少しだけ上に動かしてまた戻す。

そう、打つというより「ラケットを戻す」という動きが正しいでしょう。

 

■ラケットを戻すだけだから、確実に芯で捉えることが出来るはず

ボレーを難しくしているのは、構えながらボールが来るのを待って、最後で打点に合そうとするから。

そうではなく、もう最初から「打点はこの辺だろう」という場所で、準備を完了させてしまう。

相手のボールが速いときは、そのままほとんど動かさずに当てるのもOK。

少し時間があるときには、上から動かしてボールにスライス回転をかけるようにしてみましょう。

 

■沈むボールでも同じ、ボールの変化を予測しよう!

ミドルボレーやハイボレーは、この打ち方のコツがすごく向いています。

しかしローボレーのように低い位置には、最初のセットがなかなか難しい。

それでも意識したいのは、「早く低い態勢を作ってしまう」こと。

ラケット面も一緒に低い位置に準備して、打点を一度確認しておくとベストです。

ストロークがトップスピンだと、沈んできて打ち辛いでしょう・・・しかし、ここは変化まで予測してしっかり対応できるように。

沈められるのは、現代テニスでは当たり前、のことです。

 

このコツ、実はストロークでも応用が効きます。

マレー選手のバックハンド、一度注意して見てみて下さい。

一旦打点でインパクト面を作ってから、後ろに引いている。

この動作があるから、ほぼ当たり損ないが無い安定したストロークを継続出来るんですね。

ボレーの次はストローク、でも試してもらえると嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよう!

    ボレーが安定しない人は、身体の使い方がおかしいけケースが多い。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスは相手からポイントを奪ってゲームを取…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

    ネットプレー、ボレーに関しては、もしかしたら皆さん「誤解」している部分…

  4. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

    ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。並行陣には必須のス…

  5. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう

    テニスの試合の中で、ネットに詰めていくこと。これは、レベルが上…

  6. ボレー

    ネットプレー上達のコツは、「ボールキープの感覚」を持つこと

    ネットプレーがなかなか安定しない、ボレーが苦手・・・。そういう方は…

特集記事

  1. 水分補給

    テニス選手に必要な、ウォーターローディングとは?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要
  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い
  5. その他

    「通勤・通学中でも出来る!」テニス選手に必要なプチトレーニング4つ
PAGE TOP