テニス 駆け引き

その他

テニスの試合で予測をするときには、「逆を突かれても対応できる」相手かどうかをまず確認したい

対戦相手の実力は測るとき、特にシングルスの試合では慎重になる。

最初は余裕だと思っていた相手が、実は後半にギアを上げて対応出来なくなる・・・なんてことも、よくありますよね。

今回は、相手の実力を測るうえで自分のカバーできる守備力との関係を考えてみます。

キーワードは、「逆」を突かれた時に、どの程度リカバー出来るかどうか。

テニスの試合では、この感覚で相手を観察することが大事です。

 

テニスの試合で予測をするときには、「逆を突かれても対応できる」相手かどうかをまず確認したい

 


 

■予測をするうえで、大事なのはそれが「外れた」とき

テニスはある程度、相手のプレーを予測して動く。

もちろん予測しないと取れないサーブ、ビッグサーバーが相手のときもありますが、ラリー戦の中でも皆さん、ある程度は予測しながら動いていますよね。

当たればしっかり攻撃、でもそれが外れたときには・・・?

まずはしっかり凌ぐ、相手のコートに返球してニュートラルな状態に保てれば良し、とする感じだと思います。

これが通常の試合、ほぼ実力が同じくらいの相手での対応でしょう。

 

■予測が外れたら、「相手から攻撃される」選手は、アナタより格上と認識しよう

アナタが予測しているショット、逆を突かれたら相手から攻撃される・・・ような相手は、格上と認識しましょう。

だからと言って、「予測するの、やめようかな・・・」と後ろ向きになっては絶対にだめ。

そもそも強い相手に対しては、しっかり強気で予測を立てて、当たればしっかり攻撃してく必要がある。

そうでないと相手は、どんどんアナタに対しての攻撃の手を強めてくるでしょう。

じっくり闘わないと、こういった相手には勝てない。

長期戦を覚悟しつつ、しっかり観察して予測の精度を上げていきましょう。

 

■7:3、または6:4を使い分ける

私は予測の割合を、2パターン使い分けています。

すごく強い相手、予測しないと取れないサーブ等は7:3の割合で待つ。

3の側に来てしまったら、もう返して相手のミス待ち・・・で凌ぐしかないようなパターンです。

逆に6:4で待っているときには、6の側に来てもしっかり攻撃出来るし、4の側に来ても主導権は渡さない。

こういう風に数値で予測の割合を決めておくと、意外と自信を持って具体的に自分の中で行えるようになるのです。

 

予測には、根拠が必要です。

相手を観察して癖を見抜く、それは技術的なものよりも精神的、性格的な部分の方が大きい。

「この選手は弱気だから、0-30のサーブは絶対にファーストから入れに来る・・・」というのも、立派な予測ですね。

コースだけでは無い、強弱まで予測出来るとテニスの試合は強くなる。

外れたって良い、ただしその準備もしておきましょう。

外れたときにどういうプレーが出来るか、出来そうか・・・で、相手の実力も判断する。

一度試合で実践してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ

    普段練習している仲間でも、「正直コイツとはあまり練習したくないな・・・…

  2. その他

    「この程度で良いかな」と思った時点で、テニスの成長は止まる

    何か大事な大会で、結果を出した時。ずっと勝てなかった相手に、…

  3. テニス メンタル
  4. テニス 準備

    その他

    テニスの「ラケットでの球出し」にはテクニックが必要!その為に、身に付けたい技術について

    普段の練習の中で、「球出し」をする機会ってありますか?特にラケ…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐことの重要性

    シングルスでもダブルスでも、ポイントのほとんどは相手のミスや無理をした…

  6. テニス 疲れ

特集記事

  1. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットより低いボレー、強打してない?
  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実
  5. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
PAGE TOP