テニス ミス

その他

テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

試合に勝てるようになりたいけど、その為には自分の「良さ」を消さないといけない。

そんな悩みに、打ちひしがれたことはありませんか?

はい、私がそうでした・・・。

ボレーが好きでネットプレー主体でいきたいけど、それだと試合には勝てない・・・。

悩んで悩んで、出した一つの結論はコレ、です。

 

テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

 


 

■「自分の個性を捨てよう」と考えるのは、もう止めよう

何度か、こういったご質問を頂きました。

「試合に勝つには、自分を捨てないといけないのですか・・・?」と。

この議論は、確かに大事ですが、前に進んでいかないといけない。

個性を捨てる、のではなく試合に勝つためにどう活かせるのか?を考える。

そうすれば、きっと活かせる部分が見えてくるはずです。

 

■「ネットプレーを捨てる」のではなく、大事な場面で織り交ぜる

思い出すと、私のネットプレーは酷かった。

とても柱にして試合に勝てるような代物、ではありませんでした。

試合で使うなら、それはある種「ハッタリ」のような要素も必要になる。

幸い、身長はある程度高かったので、リードしている場面で前に出ていくことが出来れば相手にプレッシャーになる。

ほんの数ポイントですが、ネットプレーを入れていくだけで、勝てる試合は増えると実感しました。

無理に自分の得意なプレー、を柱にする必要は無い。

カスタマイズして、工夫して自分の試合で使っていけば良いのです。

 

■自分の武器を、いつでも「カスタマイズ」出来るようになろう!

アナタ自身、武器はなんでしょうか?

ストローク?サーブ?ボレー?

色々あると思いますが、大事なのは「試合を勝ちに結びつける為」に、応用可能かどうか。

独りよがりの武器なんて、試合で使えない。

ですが、テニスの試合ではそれに気付かずガンガン使って、負けていく選手が多い。

もしくは自分の個性や武器を捨てて、やりたくもないのに粘るだけの選手も多い。

そんな両極端の試合、はもう止めにしましょう。

 

このサイトを更新していると、たくさんのご意見を頂きます。

「要はシコラーを増やしたいだけでしょ?」

「面白みのないテニスを広めて、何が楽しいんですか?」

そういったご意見を頂くたびに、私も考えます。

ぜひ、皆さんも自分の個性や武器は大事にしてほしい。

ただし、独りよがりにだけは、なって欲しくない。

結果、試合に勝てないですからね。

これからも、この個性を活かすのか、試合に勝つことを選ぶのか・・・のような議論は続くでしょう。

ぜひ、長い目でお付き合い頂けると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. その他

    希少種になること、は強くなるということ

    テニスだけじゃないですけど、「左利き」は優位とされていますよね。…

  2. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?

    「教えてくれる先生や、コーチがいない」「練習メニューが決まらな…

  3. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

    最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがありま…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

  5. その他

    「君はパワーポジション、を知っているか?」テニスの基本となる姿勢を覚えよう!

    テニスには「構え」の態勢がとても大事。良い「構え」こそ、最高の…

  6. テニス 準備

    その他

    今年も開幕した、「全国選抜高校テニス大会を観戦される方」に事前にチェックしておくと便利なこと

    今年もこの季節がやってきました。毎年福岡県博多で開催される、全…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを
  2. 戦術

    そもそも、ドロップショットはコートの内側から
  3. 戦術

    厳しいコースは、早めに狙っておこう
  4. フットワーク

    試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的
  5. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある
PAGE TOP