その他

明けましておめでとうございます、そして…

少し遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

昨年、2020年は大変な一年になりました。

私自身も、色々と考えさせられることが多く、反省の多い一年になりました。

ですが、こういうコロナ禍だからこそ実現できたこと、表現できたこともたくさんある一年でした。

今回は新年のご挨拶、ですが昨年に感じたこと、私が今考えていることをありのままに書かせて頂きたいと思います。

全てが明らかになった、2020年

みなさんは、昨年一年を過ごしてみて、何を感じたでしょうか?

私は、もちろん苦しく我慢が多い一年になりましたが、「色々なことが顕在化された一年」だったと感じています。

そう、良いことも、悪いことも。

テニス界にとって、T-PRESSにとって、本来ならもう何年か後に顕在化されていくものが、見えて来た一年だったように感じます。

なぜなら、否が応でもコロナ禍の中ではリスクが目の前にあり、判断が求められる。

今まで、何となくで先送りにしてきたこと、そして曖昧だったことに「結論」を出さないといけない場面が増えました。

そう、これってまさにテニス界にとって長年の課題だった部分なんですよね。

最近では、日本リーグの開催中止がまさにその一例でしょう。

元々、存在意義が怪しかった日本リーグ

みなさんは、この日本リーグという大会を観戦されたことはあるでしょうか?

恐らく、観戦されたことがある方は少数派だと思います。

入場無料で日本トップレベルの試合が見られるのに、なぜ…と思う方もいるでしょうが、そもそも「観戦される大会」を目指していない。

少なくとも、私にはそう感じます。

パンフレットの掲載内容は身内色満載だし、プロを集めて会社のチームとして出るのも大きな違和感があるし…もちろん、選手は一生懸命なんですけどね。

収益化していく意志も見えないから、運営としても無理に継続していく必要は無い。

楽天オープンを開催出来なかった段階で、開催予算の確保が難しいのは目に見えている。

もちろん、建前は「新型コロナウィルスの拡大を鑑みて」ですが。

存在し続けないといけない、という運営側の意志も無いし期待しているファンも少ない。

そしてもう一つ、この日本リーグが中止になったことで都市対抗の大会も中止に。

これも、予測できたこととは言えいかにも日本テニス界らしいと感じました。

「日本リーグが中止になったのに、都市対抗が開催出来る訳がない」という結論に達するには、そう時間はかからないはず。

怖いことには理由を付けて、逃げ続ける。

もちろん、感染対策の一環だということは理解出来ますが、大事なのは議論がし尽くされたのかどうか、ではないでしょうか。

私は本当に、そこが疑問なんです。

テニスの灯は、消えるのか?

私は、これくらいの危機感を持っています。

これからコロナ禍、人口減少、その中でテニスは「選ばれる存在」になり得るのかどうか。

元々、テニスってすごくお金のかかるスポーツじゃないですか。

だからこそ、このご時世に諦めた、または止めてしまった方も多いと思うんです。

でも、それって経済的な要因だけじゃないと思うんです。

本当に、身近でテニスを楽しめ、上達できる、自分自身が自己実現できるようなテニスが出来ないから、みんなラケットを置いていく。

テニスの灯は、草の根から消えかかっているように感じます。

私としては、何としてもそれを食い止めたい。

食い止めることが、T-PRESSとしての存在意義だと感じています。

口だけなら、何とでも言えます。

2021年は、ある意味そんなテニス界に抗うような一年になる。

このブログの読者のみなさんに、恥ずかしくないような活動をし続けること。

ぜひ、改めて読み続けてもらうだけの価値のある情報、そして行動を発信していきたいと思います。

という訳で、今年は…

新しいチャレンジを、また多く仕掛けていきます。

今はまだ、あまり情報を公開できませんが…テニス界にとって、一つの問題提議になるような企画も、多くあります。

私自身、やらないでジッとしているよりは、非難されながらでも行動に移していく方が性に合っている。

きっと、読者のみなさんもそうじゃないでしょうか。

まずは、このブログをしっかりと更新していかねば。

年始にしっかりと充電出来ましたので、これからが勝負。

新しい冒険の旅に、読者のみなさんと一緒に。

2021年、感染対策を徹底しながら、挑戦し続けましょう!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

    テニスは必要となる道具が多い。ラケットにガット、ウェアにシュー…

  2. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ

    今週は大阪で仕事があった。高校の授業の中で講義をするのだ。…

  3. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を確認しておきましょう…

    テニスの試合が行われるテニスコート、大きく分けて3つのタイプがあります…

  4. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置について

    スポーツに怪我は付き物・・・。予防することも大事ですが、もし発…

  5. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない

    今回は、私の経験則で。なかなかテニスが上手くならない、なった気…

  6. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について

    テニスの試合で、格上相手にどう戦うのか。まず、この部分をしっかり考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である
  2. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです
  4. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
  5. テニス 準備

    その他

    コートに慌ててギリギリに入るとき、アナタはもう負けている
PAGE TOP