テニス ストローク

リターン

リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

リターンの反応が、遅いと感じている人・・・。

なかなか、ブレイクチャンスも作れないですよね。

もしチャンスを作っても、いまいち自信が持てないので、活かし切れない。

そんな方は、このあたりから意識を変えてみてはどうでしょう?

 

リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

 


 

1.反応が遅いんじゃなくて、判断が遅いだけ

どうでしょう、私はこう思いますよ。

リターンも、フォアハンドかバックハンド。

この判断が遅いだけ、です。

反応が遅くて取れない、サーブは本当のビッグサーブだけでしょう。

そして、そんな対戦相手はそう多くはいない。

アナタ自身、フォアハンドかバックハンドか、をしっかり早く判断出来ればリターンは見違えるようになります。

その判断力を高めるコツは、視覚をどう調整するか、にヒントがあるはずです。

 

2.相手サーブの打ち出しからネットを超える前、までが勝負!

私はいつも、ネットの上にポイントを置きます。

そのポイントとは、分岐点。

ここから左ならバックハンド、ここから右ならフォアハンド。

こういう感じで、相手が打った瞬間からネット上の分岐点、に入るまでが勝負。

分岐点で見極めて、素早く身体をターンさせて反応する。

この意識があれば、結構積極的にリターンも打っていけるんですよね。

分岐点上、を通過するサーブなら、フォアハンドで回り込む。

これくらい決めておけば、慣れると身体が勝手に反応してくれるようになるはず。

まずいのは、漠然と待って判断が遅れること、でしょう。

 

3.相手のサーブを打つ前の立ち位置、もチェック!

ただ、相手によってこの通過点は変わります。

なぜなら、相手がサーブを打ってくるポジション、は違いますから。

打ち出す場所、が違えば、ネットの上で通過した後の軌道、も変わりますよね。

相手が立っている位置によっては、センターに入り辛いようなサーブ、もあるはず。

「そこまで、よくわからない・・・」という方は、相手が打つ前にじっくり観察してみて下さい。

誰かに教わるのを待つのではなく、自分から法則を見つけていく。

そうすれば、私が書いていることも「なんだ、そういうことか!」と気付ける日が来るはずです。

 

4.相手サーブの出だし、に神経を集中させよう

これも大事なコツ、です。

ボールを打った瞬間、の軌道をしっかり見極める。

ボールは当然、相手のラケットからしか打ち出されてこない訳ですから。

その点に集中して、その後に分岐点に入ってスムーズな判断ができるように。

そして、その精度を上げるために、コートの後方ではなく前に入る。

くらいの意識で、私は良いと思いますよ。

 

分岐点を設定して判断力を上げる。

優柔不断な人は、こうやって何かルールを自分で作るように意識してみましょう。

試合で緊張した場面でも、自分のルールに沿って判断していく、遅れないようにする。

何事も、工夫次第ですよ。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  2. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

  3. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  4. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  5. テニス ストローク

    リターン

    並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから

    前に詰めて来る相手に、プレッシャーを感じてしまう方へ。サーブ&…

  6. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」こ…
  2. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切
  3. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている
  4. テニス 緊張

    戦術

    テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて
  5. テニス フットワーク

    メンタル

    「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう…
PAGE TOP