テニス ウェア

フットワーク

「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

普段の練習の成果が、試合で出た時。

すごく嬉しいですよね。

そういう時の感覚、すごく大事にして欲しい。

考えて動くのも大事ですが、身体が勝手に反応するような瞬間。

きっと、みなさんも知らず知らずのうちに経験していることだと思います。

 

「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

 


 

1.練習の成果は出るとは、こういうこと

今までは反応出来なかったボールに、触れる、反応出来る。

身体が勝手に動いてくれたような時、試合の中でありますよね。

試合が終わっても、この感覚はぜひ大事にして欲しいんです。

自分と相手が、どういう場面、シチュエーションの時に、勝手に反応してくれたのか。

よく思い出して、記憶を整理してみましょう。

そして、なぜそれが出来たのか、も考えてみる。

きっと、普段の基礎練習の積み重ねの結果、でしょう。

 

2.徹底して試合を想定して、練習すれば身に付いていく

恐らく、練習でしっかり出来ていれば身体が覚えている。

緊張して身体が動かない、自信が無いような場面でも、きっと動いてくれるんです。

リターンやネットプレーのように瞬発力が求められる試合では、特に出やすいと思います。

こういうプレーって、本当に急に出来るようになるケースが多いですよ。

ちょっとずつ、練習してきたことが試合でポン!と急に出来るようになる。

この感覚が、アナタ自身の自信になっていくでしょう。

 

3.練習で試合より厳しいラリー、が出来ているか?

これがまず、前提にあります。

練習は厳しく、試合の方が楽。

こういう感覚がアナタ自身の中であれば、自然と試合の中で少しだけ余裕が生まれますよね。

ですが、動きは余裕があってもプレッシャーはもの凄い。

だから、身体が固まって当たり前に出来ているようなショット、が出来なくなるのが試合です。

普段から、練習の方が圧倒的に厳しい、というような環境を何とか作ってみましょう。

球出しもそうですし、練習相手や環境を求めていく姿勢、大事です。

そうすれば、試合でいきなり出ても何の不思議もないでしょう。

身体が勝手に反応してくれた時こそ、アナタのレベルアップの瞬間です。

 

4.試合は最後の成長を埋めるピース、です

試合は、よく「自分の実力を試す場」と言われます。

もちろん、その通りです。

ですがそれ以上に、私たちは試合自体で成長していくこと、が出来ると思うんですよね。

試合で最後の、パズルのピースが埋まる。

身体が勝手に反応してくれる、のも、積み重ねて来た練習が実を結ぶ瞬間、ですから。

成長出来る試合、をたくさんこなしていくこと。

私たちに必要なのは、それを継続していくことでしょう。

 

「これだ!」という瞬間、最高ですよね。

掴んだら、絶対に離してはいけません。

勝手に反応してくれた身体、ポイント、徹底的に分析してみて下さい。

アナタの練習が間違っていなかった、ことを証明出来た瞬間ですから。

いや、本当にこれがあるからテニスは止められないんですよね。

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」で違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思ってい…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている

    「フットワークは、自分の武器です!」と、言い切れる人はきっと足…

  3. テニス ボレー

    フットワーク

    ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる

    ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

  5. テニス チャンス
  6. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう

    緊張したときに、自分はどうなるのか。特にテニスでは、足元から緊…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
  3. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースラインという場面を増やし…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!
  5. テニス

    フットワーク

    他のスポーツを経験してきて「あの癖」が抜けない人は、どうすれば良い?
PAGE TOP