テニス テニスボール

メンタル

与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

試合で必要なメンタル。

練習で鍛えているつもりが・・・、いつの間にか逆になってしまう。

これは、よくある話です。

部活でもサークルでもテニススクールでも、みなさんも気を付けないとすぐこうなってしまう。

いや、テニスだけじゃなくて日本のスポーツ環境って基本これ、なんですけどね。

 

与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

 

1.試合では、誰も課題を用意してくれない

試合って、そうじゃないですか。

「これをやりましょう」

「これを練習しましょう」

ということは、誰も言ってくれないし、用意してくれない。

自分で全て、決めていかないといけないんです。

練習の方が、すごく楽ですよね、基本。

与えられた環境で、与えられた練習をする。

これに慣れている限り、試合で強さが身に付かない、むしろ弱くなっていく。

この危機感が無い人は、結局練習に強くても試合で弱い。

大事なのは、アナタの意志です。

 

2.課題は自分から、前のめりに作っていこう

これはレベルに関わらず、です。

自分で練習のテーマを持つ、長いスパンで取り組むこと、すぐに変えたい、取り組んでいることを整理する。

全体練習の中でも、しっかり自分を持つということが大事、というか当たり前なんです。

こういうマインドを持っておけば、自然と自分のテニスについても考えられるようになりますしね。

与えられているだけって、つまらないですよ。

試合でどんな結果が出ても、人のせい、人のおかげ、って感じが強いですしね。

 

3.それでも、自分の課題が分からない・・・という人は?

こういう時は、周りに聞いてみる。

アナタを良く知っている仲間に、「自分のテニス、最近どうかな・・・?」と。

恥ずかしがらずに聞いて、そして自分で考える。

一人で悶々と考えること、私はオススメしません。

もちろん、考え抜くことは大事ですが、それは最終段階。

今、アナタに必要なのはきっと刺激であり、エッセンス。

「そんなの、考えもしなかった!」ということは、意外と身近な人が持っている。

ぜひ、何となくで話してみて下さい。

与えられる課題より、よっぽど良い課題、が見つかると思いますよ。

 

4.与えられる課題は、アナタに合っているようで合っていない

私は、こう思います。

アナタに合っている、と思ってコーチは指導する。

でも、結局それって「遠慮」が入ってるんですよ。

「まぁ、この人ならこれくらいかな」と考える、コーチなら当然です。

でも、試合ではどうですか?実際。

もっともっと、厳しいボールも苦し、苦しい場面も多い。

でもそんな課題、誰も用意してはくれないんです。

だからこそ、自分で用意する、挑んでいく。

そんなテニスの方が、用意されるよりもよっぽど楽しくないですか?

 

言葉で書くのは簡単、やるは難しです。

用意されていること、を継続している方が楽ですからね。

それは間違い無い。

繰り返しますが、このサイトでは「テニスの試合で勝ちたい人」を応援しています。

だから、練習は試合の為であって欲しいし、そうでないといけない。

今のアナタの練習環境は、どうですか?

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

  2. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!

    先日、高校女子テニス部の合同練習会を開催した。7校が参加し、4…

  3. テニス メンタル
  4. メンタル

    勝つか負けるか、ばかり考えてない?

    試合に勝ちたい人の為に、ヒントを。これがT-PRESSのメイン…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです

    テニスというスポーツは怖い。リードしていても、一瞬の隙が逆転の…

  6. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

特集記事

  1. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるには、「溜めてからのコース変更」をできるようにしておく…
  3. テニス 夜

    メンタル

    テニスの試合で格上相手に勝ちたければ、「アナタが格下相手にやられて嫌なこと」を徹…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパタ…
  5. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある
PAGE TOP