スマッシュ

ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

ダブルスの試合で、よくある光景。

相手にロブを打たれて、前衛が打てないから後衛が走ってカバー。

これでは、当然ポイントは苦しくなる。

でも、みなさん当たり前のようにこれを試合で繰り返している。

そう、まるで基本プレーのように・・・不思議です。

ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

1.チェンジは苦肉の策、である

ダブルスの試合で、これを忘れていませんか?

前衛がロブを取れないでチェンジ、後衛がカバーって、美しいプレーでも何でもない。

相手から効率よく攻められて、苦しい状況に自分たちからなっているようなもの。

それなのに、まるで基本プレーをしっかり出来ているかのように、本人たちは気にしていない。

そんなスタンスでは、試合には到底勝てない。

まず、ダブルスペアとしてどういう指針で挑むか、をハッキリさせましょう。

2.触れないからチェンジ、では勝てない!

触れないからチェンジ、の時点で、遅い。

判断が遅いし、後手に回っているのが事実でしょう。

触れないからチェンジ、ではなく、チェンジするなら「ポーチに出ると決めていたから、チェンジ」でしょう。

後ろを捨てる代わりに、しっかり前衛がポーチに出る。

この意識があるから、後衛も最初からカバーに走れますからね。

チェンジプレー、の形で準備しておけば動きも機敏で、相手にもプレッシャーがかかる。

とにかく、「ロブが厳しくて触れないからチェンジ」だけは止めましょう、本当に。

3.スマッシュを打ち切るポイント、を打ち合わせで作る

女子ダブルス、ベテランシニアの試合だと、ロブが増えますよね。

だからこそ、前衛が絶対にスマッシュを打ち切るポイント、を作りましょう。

これを作れるかどうか、でダブルスの強さは決まります。

「次のポイントは、ロブを誘って自分で打つね!」と、心に決めておく、ペアにも伝えておく。

そうすることで、しっかり素早く下がってスマッシュ、打てるはずですよ。

4.ダブルスの前衛は、この2パターンをハッキリさせよう

要は、ポーチに出るのか、下がってスマッシュを打てるのか。

この2つをハッキリさせておくこと、が私は大事だと思いますよ。

そうすれば、相手のロブへの対応もハッキリする。

打とうとして打たない、というような中途半端なことは起きないですから。

全ては、自分たちの決断次第。

相手のロブの精度、が問題じゃないですよ。

きっと、アナタ自身、ペアの方針次第です。

ロブをどう処理するのか。

この問題について、私はいつも軽視されているように感じます。

自分の決断次第、です。

強いペアになっていけるのかどうか、ぜひペアで話し合ってみてください。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

    スマッシュはコースで勝負。特に余裕がある、しっかりフットワーク…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

    ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

  4. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  5. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い
  2. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. ストローク

    「トップスピンロブ」はテニスの上級者でなくとも身に付く技術です!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう
  5. テニス 打点

    練習メニュー

    緊張した場面で、力を引き出す為には?
PAGE TOP