テニス 並行陣

ダブルス

チェンジプレーのときに前衛に求められるのは、「クロスコートを担当する勇気」だけです

ここぞという場面で、ダブルスでチェンジプレーを入れていく。

この勇気があるペアは、試合でも強い。

思い切った作戦、サーブを打ってサーバーは逆サイドをカバーし、前衛はポーチに動く。

通常のポーチよりもはっきりした「勇気」が求められる、のがチェンジプレーです。

 

チェンジプレーのときに前衛に求められるのは、「クロスコートを担当する勇気」だけです

 

1.通常のポーチとの違いは?

皆さんも、ダブルスの試合で前衛のときにポーチに出ること、はよくあると思います。

「これもチェンジプレーじゃないの?」と思う方も多いでしょうが、ちょっと違う。

ポーチはあくまで前衛がリターンを前でボレー、すること。

後衛はその様子を見つつ、前衛のポジション、打った位置に応じて後ろでバランスを取るのが仕事。

チェンジプレーは、もっとハッキリしています。

そう、縦半面で分けた担当コートを、まるっきり逆にしてしまうのです。

 

2.クロスのボールは、どんな厳しいボールでも前衛が触る!

まず、この責任感から。

前衛はサーブが打たれたと同時に、一気にセンターストラップ付近まで動いて、クロス方向のリターンを潰す。

ストレートは当然、捨てます。

なぜなら、サーバーの選手がカバーしてくれるから。

とにかくクロスのリターンは、例えそれがアレーに入るようなショートクロスでも、前衛が触ることが大前提。

なぜならもう、サーブを打った後衛は反対側に走っているから。

思い切ってクロスに動く、絶対にリターンを自分が触る、という責任感が不可欠です。

 

3.相手リターンを「惑わせる」ことが大目的

当然、ポイントは欲しい。

ですが、その意識が高いと・・・どこか思考が守備的になるのがテニス。

思い切って、勇気を出して動く。

その動きこそが、相手に対して「迷い」を生む。

相手を惑わせることが出来れば、例えポイントを失ったとしても良い攻撃になって試合の終盤に効いて来る。

チェンジプレー、試してみませんか?

 

考え方としては、Iフォーメーションに近いと思います。

「脚力が無いし、サーブも弱いし・・・無理!」と思った方、きっと相手もそう思ってますよ。

「この相手は、普通のことしかして来ないから、楽だな・・・」と。

気持ち良くリターンさせていても、勝ち目はない。

そう思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス 攻撃

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?

    スポーツには、ルールがある。ですがこのルールに違反さえしなけれ…

  2. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!

    ダブルスで大事なことは、パートナーとの連携。その連携プレーを利…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

    ダブルスの雁行陣、で後衛でプレーしている時に。「何だか、味方の…

  4. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます
  2. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てるようになる…
PAGE TOP