テニス ステップ

ストローク

ストロークのテイクバックが遅い人が、自分を変える為に必要な5つのポイント

ストロークを改善したい、と考えている皆さん。

恐らく一番効果があって、直ぐに出来ること。

それは、テイクバックを改善するということ、です。

「またか・・・速く引けって、そういう話でしょ?」と思った方も、もう一度考えて欲しい。

テニスの試合って、誰でも慎重になるからこそ、ちょっと意識が薄れるとテイクバックが遅くなる。

それくらい、どんなレベルの人でも意識して欲しいのがテイクバック、なんです。

 

ストロークのテイクバックが遅い人が、自分を変える為に必要な5つのポイント

 

1.相手が打つ前に横を向く

これは、極端な処置かも知れませんが・・・私はこれくらい必要だと思いますよ。

相手が打つ前に、横を向く。

テイクバックを速くする、くらいの意識だと、結局相手が打ってからの反応になってしまうんですよね。

相手が打つ前に、例えばフォアハンドの構えを作ってしまう。

それで一度、打ってみて下さい。

きっと、「なんて余裕があって、打ちやすいんだ・・・」と感じるはずですよ。

 

2.ラケットではなく、腰からを動かす

何度か、骨盤から反応させること、の重要性を書いてきました。

ラケットを引こう、と考えていたら、テイクバックは速くならない。

骨盤から反応させて、上半身をひねる。

この動きこそ、実はストロークのテイクバックそのもの、なんですね。

ラケットは、その骨盤の動きにつられて後ろにセットされる。

くらいの感じで、まずは腰から反応させていくことを意識してみて下さい。

きっと試合での準備の速さ、変わりますよ。

 

3.ラケットを上にセットする

テイクバックに必要なのは、速さだけじゃない。

そう、高さ、です。

ストロークでは、高い位置にテイクバックするほどラケットをダイナミックに使えますし、しっかり良い構えを相手に見せることが出来る。

低い打点で打つにせよ、ラケットは顔の横くらいにセットする。

それくらいの高さを意識すると、テイクバックからパワーを伝えやすい。

高くセット!と意識すれば、自然にストロークのテイクバックに速さも生まれるでしょう。

テイクバックが遅い人は、そもそもどの位置にセット?という結論が出ていない人が多いですからね。

 



 

4.グリップチェンジとテイクバックを一緒に!

テニスのストロークが安定している人は、グリップチェンジとテイクバックを一緒に行う。

これに、実は気付いていない方も多いような気がします。

グリップチェンジしてからテイクバック、だともう遅い。

特に展開の早いダブルスのような試合では、到底間に合わないでしょう。

テイクバックするときに、スロートに添えた手でラケットを動かして、テイクバックしながらグリップを作ってしまう。

利き腕は、ギュッと握るだけ。

この動き、練習しておいて損は無いですよ。

 

5.相手に自分の構えを見せ付けよう

この意識があれば、自然に構えは速くなります。

バウンドする前に構え、つまりテイクバックを終えて相手に見せ付ける。

コースを隠す、とはこういうことですね。

ストロークが強力な選手は、ほぼ全て、このテイクバックを実践出来ているはずです。

「良いボールが打てれば一緒・・・」くらいに考えている人は、ずっと試合で勝てません。

だって、強い相手には打つコースばれますからね。

 

ストロークの基本、テイクバック。

恐らく読者の皆さんの8割は遅い、まだ改善出来る、と思っています。

今は、まだ返球出来るレベル。

より攻撃的に、相手を惑わす構え、テイクバックを実践出来るように。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本

    ストロークラリーの中で、相手のボールが深い。こういう時に、どう…

  2. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術が必要です

    私が考える、テニスにおいて最も難しい技術の一つが「低く滑るスライス」を…

  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

    スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。私が一…

  4. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ

    錦織選手の活躍で、脚光を浴びているショットと言えばドロップショットでし…

  5. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  6. ストローク

    打てそうなボールほど、引き付ける

    相手のボールが力無さそうに見える。叩けそうだからと言って勇ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    フットワーク

    遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる
  2. テニス ボレー

    ストローク

    ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技…
  3. テニス 部活

    その他

    中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰…
  4. テニス テニスボール

    日々の雑記

    感動するだけ、じゃもったいない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
PAGE TOP