テニス ダブルス

ストローク

ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない

テニスを初めて間もない方、ストロークが最初はこんな感じだったと思います。

肘をたたむようにして、自分の胸に引き寄せる「手打ち」のような感じになってしまうこと、ありましたよね。

直すのが難しいのは、なかなか本人が気付かないから。

改めて、アナタ自身見直してみませんか?

 

ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない

 


 

1.ラケットもボールも、硬式テニスは重いと自覚しよう

皆さんが思っているより、ラケットもボールも重い。

硬式テニスは、特に重い・・・と考えておいて良いでしょう。

手先だけで動かそうとしても、なかなか難しい。

他のラケット競技を経験してきた人は、より手打ちになってしまう傾向にありますから、注意が必要です。

自分で気付くのが、肘を痛めてからだと遅い。

では、どこで判断すれば良いのか・・・と言えば、それは「打ち終わり」の肘の位置です。

 

2.肘の位置を高く打ち終われば、手打ちを卒業出来る!

私がいつも意識しているのは、肘が顔の前、口の位置くらいに来るフォロースルー。

そこから後、下がっていくのはOKですが、まずはしっかり下から上に振り切ること。

これが出来るようになれば、硬式テニスは楽にボールを飛ばせます。

しっかり自分のラケットを持つ腕の肘で、自分の口をふさぐイメージで。

丁寧なスウィングで打てれば、そんなに力は要らないはずです。

 

3.自分の動画を撮ってみるのが一番

でもやっぱり、定期的に自分の動画は撮るようにしてみましょう。

撮影することで絶対、新しい気付きが生まれる。

鏡の前での素振り、とはまた違う、実際に打ちあう時の自分の現実的なフォーム、が理解出来るはずです。

自分の動画は、自分で撮影しないと!という危機感が無いと、誰も撮影してはくれません。

意外と腕が前と上に出ていかない、小さいフォームになっている可能性高いですよ。

 

手打ちは、なぜまずいのか・・・。

やっぱり、テニス肘の温床になるし、コントロールも悪くなる。

最近のラケットは優秀なので、手打ちでもなんとかボールは飛んでくれます。

でもそれだと、成長が無い。

そう、試合用のテニスを身に付けていくためには、変えていく勇気を持ちましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

    シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない…

  2. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

    もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。男子は錦織…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

    テニスの試合の中で、難しいのが深いストロークの返球。スピンがし…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで打つ」のは、結構危険…

    ストロークラリーの中で、スライスの返球に苦戦している人、結構多いんじゃ…

  5. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピンを練習しよう!

    高い打点で打てるストロークは、テニスの試合では攻撃的にいきたい技術。…

  6. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

    テニスが上手くなる、試合に強くなる。うえで、このステップは絶対…

特集記事

  1. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限ら…
  2. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を…
  3. メンタル

    フラットな目線を保つ
  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせている…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
PAGE TOP