テニス ストローク

メンタル

「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に

テニスの試合って、他のスポーツよりも心理戦、の要素が強いと思う。

相手あってのスポーツ、だからこそ自分のやりたいテニスとの葛藤がある。

そりゃ勝ちたいけど、自分のテニスもしたい・・・ところですが、まず相手ありきで考えるのがテニスの基本。

どんなプレーを選択していくのか、その優先順位を確認しておきましょう。

 

「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に

 


 

■相手をねじ伏せるテニス、が出来る相手は少ないはず

私も昔は、本当に独りよがりでバンバン打っていくテニスでした。

相手によっては勝てる試合もありましたが、やっぱり強い相手には勝てない、自分で無理しているテニス。

自分がやりたいプレーがあるから、無意識にそれをやる・・・というのは、勝ちに徹するテニスでは無いでしょう。

厳しいですが、それが現実です。

やりたいテニスをどこかで変えていかないと、試合向きの選手にはなっていけないのです。

 

■やりたいテニスが出来ないと、悩んでいるなら・・・

アナタのやりたいテニスって、何ですか?

多くの学生の方に聞いて返ってきた答えは、「ストロークで押し切りたい」「サーブで攻撃的にいきたい」という答えでした。

つまり、ほとんどの人は、この2つの技術で相手を凌駕していきたい、ということ。

でもそれって、厳しいと思いませんか?

ネットプレーが出来ないと、相手に前におびき出されたら終わりだし、リターンが上手くないと試合にならない。

非常に視野が狭い選手、学生の方が多いような気がしてならないんです。

 

■「相手が嫌がるプレー」を選択する勇気を持とう

相手が嫌がるプレー、ってテニスでは難しい。

ネットを挟んで直接身体が当たることは無いですから、曖昧なままに終わるんですよね。

サッカーやバスケなら、相手が嫌がるディフェンスってイメージしやすいけど、テニスって難しい。

私が考える相手が嫌がるプレーって・・・シンプルに、とにかく「色々やる」ということ。

色々やれば相手も警戒してくれるし、テニスの集中出来なくなる。

格上相手なら、正統派の勝負は避けていくのが当たり前。

アナタの中で、何が出来るか考えてみて損は無いですよ。

 

相手に嫌がられる選手、になるのに大事なこと。

それは、自分自身「これは嫌だったな」ということを記憶してメモしておくこと。

特に少し実力が下の選手に、やられて嫌だったこと・・・は、大きなヒントになるはず。

テニスの試合、楽しくなるのは自分と相手が見えてから、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. メンタル

    使えないと思う技術にこそ、突き抜けるチャンスがある

    最近とにかく、伸び悩んで結果が出ない。何かを変えていきたいけ…

  2. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

  3. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこう

    テニスの試合、負けた悔しさは誰もが味わうこと。その悔しさを、ど…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

  5. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

特集記事

  1. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!
  2. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
  3. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し…
  5. メンタル

    「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?
PAGE TOP