テニス サーブ

ダブルス

ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない

ダブルスでの色々な戦術、皆さんまずは「実行すること」が大事。

これは何度も書いて来ましたが、そろそろ次のステップにいきたいですよね。

そう、動くことがまず大事、それが出来るようになったら・・・?

最終的には、しっかりポイントを取り切ることが大事。

取り切ってこそ、のテニス。

そのための戦術、としての意識を高めていきましょう。

 

ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない

 

1.プレッシャーだけじゃ崩れない相手、が試合ではたくさんいる

3回戦以上、になるとそうだと思います。

ダブルスに試合で色々動いても、なかなか崩れてくれない。

結果的に、ポーチに出たりストレートに打っている自分たちの側がミスしたり、相手に読まれて反撃されたり・・・ということもありますよね。

そう、こういう相手にはただ「動くだけ」では効かない。

普段から、動いてくる相手に試合慣れしている、でしょうしね。

ここで大切なことは、何か。

やっぱり、動いた後のプレーの質でしょう。

 

2.動いて触った、そのボールの精度は?

例えば、前衛のポーチボレー。

強いペアは、触ったらしっかり決める。

でも、動くことが目的になっているペア、選手は、触ったときのボールの精度がやっぱりまだ低い。

自分が動くこと、だけでいっぱいいっぱいになってしまうことが多いでしょうからね。

これは、乗り越えていく壁、です。

しっかり戦術で動いて、そのときに触ったボールの精度を高めること。

この意識が無いと、いつまで経っても「動いて崩れてくれる相手」しか倒せないですから。

 

3.戦術で頭がいっぱい、の次の段階へ

余裕が無い人は、動くことだけで精いっぱい、頭がいっぱい、な状態。

いや、初心者の方はそれでもOK。

ですが、上級者、ましてや強い相手に勝とうと思ったらそのいっぱいな状態、を卒業していかないといけない。

頭で考えなくても、身体は自然に動く。

脳の命令するのは、細かい技術、ボールの精度の部分。

自分のポジションを変える、ということは自然に出来るようにしっかり身体に染み込ませていきましょう。

練習で、そこまで自分の身体を鍛えて慣らしておけるかどうか。

ダブルスの戦術練習、足りてますか・・・?

 

4.最終目的は、ポイントを取ること

実際には、現場ではこれが大事です。

しっかり、ポイントを取ること、取り切ることが目的。

そう考えると、動くこと・・・だけが戦術じゃないことにも気付くはず。

ポーチに出た後、はストレートに誘ってみる、動かないという選択肢を積極的に入れてみる。

ただただ、ガンガン動く・・・というのがダブルスの戦術、でも無いですからね。

アナタ自身、最終的にポイントを取れているのか。

取ることを目的に、最善の選択を出来ているのか。

考えてみることは大事でしょう。

 

5.動いた後の打つボールの精度、上げていこう!

話が長くなりましたが、結論はこれです。

戦術として動く、少し変わったプレーをするときには、しっかり精度を上げる。

力が入らない、くらいにしっかり練習しておく。

自分が戦術的に動いた後、打つボールの精度を上げることは、意識しないと相当難しいですからね。

ポーチで触ることに満足、するのではなくしっかり良いポーチボレーを決めることに集中する。

攻撃だけじゃない。

チェンジプレーで後衛の時には、チェンジしてストレートに来たボールをしっかり良い精度で打ち返さないといけない。

守備での返球の精度が低いと、前衛は動けなくなりますからね。

少し変わったプレー、風景、のときに良いボールが打てるテニス選手。

これが強いテニス選手、ですね。

 

しっかり動く、戦術を実行する。

その中で打つボールの精度を上げるのって、文章で書くほど簡単じゃない。

だからこそ、です。

ほとんどの選手が、戦術的なプレーになるとボールの精度が落ちる。

落ちない人、が試合に勝っていく。

テニスって、難しいですね。

だからこそ、頑張って練習する価値がある。

そう思いませんか?

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

    ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

    私は高校時代、ダブルスで勝てない時にはペアとこんな感じでした。…

  3. テニス ボレー
  4. ダブルス

    ミックスダブルスは、女性の前のスペースでチャンスメイク

    ミックスダブルスの試合での、鉄板パターン。それは、どのレベルに…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも知れません

    ダブルスで、「Iフォーメーション」にトライしている皆さん、ポイントにつ…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやって判断しましょう

    ダブルスの試合では、陣形に関わらず「前衛と後衛」で役割が異なります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をや…
  2. テニス Q&A

    その他

    テニスの試合で「大声を出して威嚇してくる相手」が苦手・・・という方は、少し視点を…
  3. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される
  4. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう
  5. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる
PAGE TOP