テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

ダブルスの試合、ポイントを自分たちから獲るイメージ、しっかり湧いてますか?

強引にいってミス、またはつないでいるうちに相手から攻められて終わり・・・で失点を重ねていくと、試合でも何をやって良いのか分からなくなりますよね。

ダブルスの試合でのイメージ、言葉で表すなら「寄せてから仕留める」。

この2段階でいきましょう!

 

ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

1.まずは「寄せる」ことから始めてみる

相手を「寄せる」ことがダブルスではまず大事。

相手選手2人の距離を近くする、という意味ですね。

例えば並行陣なら相手のセンター、を突いてみる。

雁行陣なら「触れそうなロブ」を前衛に上げて、カバーに走る後衛と距離を近くさせてみる。

そうすると・・・どうでしょう?

相手選手2人が近付いたことで、コートがすごく広く感じて見えるはずです。

 

2.いきなりエース狙い、なんてダブルスでは無理

何度か書いてきましたが、ダブルスでエース狙いは無謀です。

シングルスよりもコートが拡がると言っても、それはアレーのように僅か、です。

だからこそ、まずはオープンスペースを作る、相手を寄せるという感覚が大事。

焦って強引に攻撃しても、ダブルスの試合は自滅するだけ。

策が無い、と自分たちから白旗を揚げているようなモノですよ。

 

3.「寄せる」ことが出来たら、「展開」していこう!

相手を寄せたら、次は展開、ですね。

オープンスペースにボールを運んで、近付いた2人を離していく。

あくまで展開、ですので、強打ではなく返球されても良い、くらいのレベルでOK。

コツは、寄せた相手の「ボールを打った選手」の側、オープンスペースに展開していくこと。

テニスって、やっぱり打った選手が次に態勢を戻す、のには時間がかかるんですよ。

つまりは、どんどん連続攻撃していきやすい、ということ。

相手を寄せて、触った選手の側をどんどん攻めていくのはダブルスの基本。

このイメージで、どんどんポイントを重ねていけると思いますよ。

 

色々な戦術も、結局はこういう要素に集約されるはず。

テニスでは、ダブルスは基本片方を集中的に攻撃していく。

そのための呼び水として、「寄せる」ボールが必要になりますね。

コントロールよく足元、ロブ、に遅めのボールを打てるように練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内

    「またそんな、当たり前のことを」と思う方も多いでしょう。ですが…

  4. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

    並行陣で、後衛がどんどん前に詰める形。男子ダブルスでは、これが…

  5. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

    ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。こういうペアは、な…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「ドロップショット病にかかったら・・・」テニスの試合で使えるにはいつものショット…
  2. テニス メンタル

    戦術

    トップ選手ほど、自分を変化させることに貪欲だから強い
  3. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる
PAGE TOP