テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

ダブルスの試合、ポイントを自分たちから獲るイメージ、しっかり湧いてますか?

強引にいってミス、またはつないでいるうちに相手から攻められて終わり・・・で失点を重ねていくと、試合でも何をやって良いのか分からなくなりますよね。

ダブルスの試合でのイメージ、言葉で表すなら「寄せてから仕留める」。

この2段階でいきましょう!

 

ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

1.まずは「寄せる」ことから始めてみる

相手を「寄せる」ことがダブルスではまず大事。

相手選手2人の距離を近くする、という意味ですね。

例えば並行陣なら相手のセンター、を突いてみる。

雁行陣なら「触れそうなロブ」を前衛に上げて、カバーに走る後衛と距離を近くさせてみる。

そうすると・・・どうでしょう?

相手選手2人が近付いたことで、コートがすごく広く感じて見えるはずです。

 

2.いきなりエース狙い、なんてダブルスでは無理

何度か書いてきましたが、ダブルスでエース狙いは無謀です。

シングルスよりもコートが拡がると言っても、それはアレーのように僅か、です。

だからこそ、まずはオープンスペースを作る、相手を寄せるという感覚が大事。

焦って強引に攻撃しても、ダブルスの試合は自滅するだけ。

策が無い、と自分たちから白旗を揚げているようなモノですよ。

 

3.「寄せる」ことが出来たら、「展開」していこう!

相手を寄せたら、次は展開、ですね。

オープンスペースにボールを運んで、近付いた2人を離していく。

あくまで展開、ですので、強打ではなく返球されても良い、くらいのレベルでOK。

コツは、寄せた相手の「ボールを打った選手」の側、オープンスペースに展開していくこと。

テニスって、やっぱり打った選手が次に態勢を戻す、のには時間がかかるんですよ。

つまりは、どんどん連続攻撃していきやすい、ということ。

相手を寄せて、触った選手の側をどんどん攻めていくのはダブルスの基本。

このイメージで、どんどんポイントを重ねていけると思いますよ。

 

色々な戦術も、結局はこういう要素に集約されるはず。

テニスでは、ダブルスは基本片方を集中的に攻撃していく。

そのための呼び水として、「寄せる」ボールが必要になりますね。

コントロールよく足元、ロブ、に遅めのボールを打てるように練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. ダブルス

    相手のファーストボレーを潰す、にはポジションはどこ?

    ダブルスの試合で、相手がサーブ&ボレーで前に出て並行陣。この…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合での、連続攻撃の基本について

    ダブルスの試合で、有効な連続攻撃。強いペアは、ここぞというポ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと

    一般の試合では、ミックスダブルスの試合も多い。ベテランからシニ…

  4. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  5. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

  6. ダブルス

    「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない

    テニスの試合で、強くなりたい、強い相手を倒したい。そう本気で考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メモ

    日々の雑記

    「本音でメルマガ」を始めます
  2. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと
  3. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!
  4. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう
  5. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上…
PAGE TOP