テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?

ダブルスが上手い選手は、ゲームやポイントを作っていくのが上手いと言われます。

この展開力、ポイントメイク力を鍛えるのには、経験を積む・・・しかないんでしょうか?

もちろん経験も大事ですが、私はそれ以上にその人の意識が大事だと思っています。

ダブルスの試合は、コート上に4人が立ってボールを打ち合う。

ただ強くボールを打つ・・・だけだと、ミスにばかりでいつの間にか自滅してしまう。

そんなダブルスから、変わっていくときは今、です。

 

ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?

 


 

1.相手を動かして、「スペース」を作ることから始まる

ダブルスは、シングルスよりも空いているスペースが少ない。

広くなる幅は狭いのに、人数は倍になる訳ですから、当然ですね。

だからこそ、まずはラリーの中で相手を崩して、スペースを空けていかないと攻撃にリスクが高い。

いきなりエースを狙ったり、ボールのスピードで勝負するダブルスは、良いダブルスとは言えません。

 

2.センターを上手く活用すれば、活路は開ける

ダブルスで重要なのは、2人の間のスペースを上手く使うこと。

「このボール、どっちが取るんだ・・・」というボールを、相手に打たせる、触らせる。

そうすると、必ず触った方の選手のスペースに、隙が出来ます。

雁行陣をロブで崩したり、浅いボールで前に誘うのも、ある意味この方式に乗っとっているのです。

これだけで、レベルの低いダブルスは勝手に崩れてくれるかも知れない。

ゲームメイクは相手を崩しながら、自分は崩れない、というのが鉄則になります。

 

3.展開力とは、想像力と実践力の掛け合わせ

ダブルスで展開力のある選手が後衛にいると、前衛が活きる。

展開力って・・・何?という感じですが、それは「色々なことがイメージ出来て、実践出来るテクニックがある」ということ。

実はこれ、両方兼ね備えている選手って稀だと思います。

技術はあるのに戦術が乏しい、良いイメージはあるのに技術が足りない・・・そんな選手、アナタの周りにいませんか?

テニス選手としてはこの両輪が必ず必要である、ということを覚えておきましょう。

 

普段のダブルス練習から、「何かいつもと違うこと」をして相手を動かしたい、と考えてみる。

そうすると、イメージが膨らんで相手を動かすのも楽しくなります。

漠然と、毎回同じようなポイントを繰り返すような選手、ダブルスでは特に試合で勝ち辛い。

展開力とポイントメイク力、意識して磨いていきましょう。

きっと後衛でのプレーがもっともっと、楽しくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「男女でのラリーをどう戦うか」に隠されている

    ミックスダブルスで、勝率が悪いペアの原因は何なのか。きっと、勝…

  2. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛を助けよう!

    言い方は悪いですが、テニスだけでなくスポーツは騙し合いの競技。…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの早い展開で使えるボレーは、「打ち終わりが高い位置で終わるボレー」に限る

    ダブルスの試合で、ボレー戦になる・・・ときに、皆さんポイントしっかり取…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない

    ダブルスの試合、ペアの連携力が問われるとき。それはまず、前衛の…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

    私は高校時代、ダブルスで勝てない時にはペアとこんな感じでした。…

  6. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポ…
  2. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空…
  3. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習して…
  4. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのKを覚えておこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう
PAGE TOP