テニス ストローク

ストローク

なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか

昨日の試合でも、このショットには何度もしびれました。

鋭いバックハンドを、少しだけショートクロス気味に打つ、錦織選手の得意技。

ネットを越えてサイドアウトしそうなのに、最後にグッと落ちて、コートに入ってくれる。

私たちも、威力は違えどポイントを押さえて、近しいショットは打てるはず。

その希望を持って、練習していきましょう!

 

なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか

 


 

1.しっかりと振り抜くには、基本が大事

私自身、バックハンドをクロスに打つのは得意。

調子が良い時は、やはり基本となる部分がしっかりしてるんですよね。

まず、前足をしっかり踏み込んでいる。

そして、クローズドスタンス、で肩を入れた状態でボールを引き付けること、が出来ている。

錦織選手も、この形でボールに入れた時にはすごく良いバックハンドが打てている。

鋭く振り抜く、為にはこれが必要ですね。

 

2.クローズドスタンスで、少し窮屈なくらいで良い

クローズドスタンス、みなさん試合で使ってますか?

右利きの方のバックハンドであれば、右足を左斜め前に踏み込む、少し窮屈な感じですよね。

ここからクロスにしっかりと打つ、ボールの左側を触る意識が大事。

ラケットを振り抜いて、上体はぶれない、目線も残す。

こうして打つショットは、回転量が多いので鋭く落ちて、コートにおさまってくれる。

ぜひ、試合で意識して打っていけるよう、下半身から意識してみて下さい。

 

3.打点は腰の高さ、がベスト!

私の経験上、この高さが振り抜きやすい。

これより高いとボールに縦回転をかけにくい、ように私は感じます。

腰の高さ、かもう少し低いくらいでも良い。

大事なのは、下から上に一気に振り抜ける打点、だということ。

ラケットの下のエッジに引っ掛けるくらい、のイメージで良い回転がかかると思いますよ。

両手バックハンドの方は、しっかりと利き腕ではない方の腕を使っていきましょう!

 

4.弱点から武器へ、大変革を狙おう

バックハンドが苦手、という方はチャンスです。

しっかりと下半身が決まれば、良いショットが打てる。

今までの弱点が、武器に変わる。

それくらいの発想、が大事ですよ。

恐怖心があると、ラケットって振り抜くことが出来ない。

錦織選手のような鋭く落ちるバックハンドを打ちたいなら、まず恐怖心を捨てること。

アウトへの恐怖心こそ、一番の阻害要因です。

 

窮屈な態勢から、一気に振り抜く。

これが出来ると、試合でミスが減ります。

そもそも、可動域が狭いので、ミスのしようがないんですよね。

大事な場面、アウトかも・・・という軌道が変化して入る。

どうでしょう、ちょっとワクワクしてきませんか?

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

    ジョコビッチ選手にマレー選手、ナダル選手、そして錦織選手。トッ…

  2. テニス サーブ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない

    キレイなテニス、だけでは試合で勝てない。これは、学生の皆さんに…

  4. ストローク

    テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場面での選択肢を増やし…

    ベイビーステップの主人公、栄ちゃんの影響で、テニスにおける「チェンジオ…

  5. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている

    ショートラリーをやってるかい?練習前にやってるかい?俺…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

    両手バックハンドストロークを得意にしている選手でも、浅いボールは苦手だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか
  2. テニス 走力

    フットワーク

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい
  3. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう
  4. サーブ

    スネをラケットで打ったなら、それは「変えろ」のサイン
  5. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ…
PAGE TOP