ボレー

「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。

ボレー対ストロークのラリー練習ですが、ボレー側がネットに近い。

本当に近い。

30cmくらいのところに立って、ストローク側とラリーしている。

これって・・・あまり意味の無い練習だと思うんですよね。

 

「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

 


 

1.ネット前30cmに詰めて、つなぐボレーって必要?

実際の試合で、ネットに30cmまで近づいて、「つなぐ」ボレーって必要でしょうか?

普通、アングルに決めたり、ドロップボレーを打って仕留めますよね。

深く打つ意味、あまり無い。

相手がドロップを警戒して・・・なら分かりますが、まずもってラリーがつながるようなこと、無いはずです。

でもなぜ、ネットにガン詰めした状態でボレーをするのか。

それは多分、こんな理由でしょう。

 

2.「ネットから遠いボレー」を、打ちたくないだけなんじゃ?

実際にネットから遠い位置、でのボレーは難しい。

足元に打たれる可能性も高く、球足が長いボレーが必要ですから。

苦手意識があったりすると、ついネットに近付きたくなる。

ネットに近いと、足元はネットが守ってくれる。

そんなぬるま湯の場所、なんですよね、ネット近くって。

出も当たり前ですが、ロブを打たれたら終わり、な場所であることは言うまでもありません。

 

3.練習でしっかり、ネットとの距離感を保てるようになろう

意識して欲しいのは、ロブをしっかりケア出来るネットプレーのポジション。

実際のダブルス、並行陣の後衛はサービスライン上1歩ネット寄り、くらい。

自分の脚力と相談して、特に女性の方はもう少し後ろ、でも良いでしょう。

とにかく、ボレー対ストロークのラリー練習はボレーヤー側のポジションが大事。

しっかり意識しないと、試合とかけ離れた無意味なテニス、になってしまいますよ。

 

試合で何が必要なのか、を自分で考える。

考えれば、練習は常に「難しいこと」だったりするはず。

簡単な練習、ってどこかに現実の試合やルールとかけ離れた要素がある可能性が高い。

こういう視点は、自分で持てるように意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!

    強いスマッシュが打てないと、ネットに出れない?それは誤解です。…

  2. ボレー

    ネットに出て特別なこと、しなくて良い

    初級から中級、中上級と上のクラスやレベルに上がっていくにつれて。…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    「ボレー上達は、ネットプレー心にあり」テニスの試合で苦手意識を克服する為に

    とにかくボレーが嫌い!高校生の頃はそう感じていたし、高校卒業し…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  5. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

    対戦相手の選手が、フラット気味のストロークを打って来る。こうい…

  6. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?

    相手がネットに出てくる、または前衛に立っている。そんな相手に、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ
  4. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い
PAGE TOP