テニス ストローク

ボレー

ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう

ボレーが上手くコントロール出来ない方に、オススメしたいコツ。

色々ありますが、私が昔アドバイスして効果てきめんだったのが今回のテーマ。

ボールの真後ろ、ではなくボールの外側を触っていくのがボレーの基本。

そのためには、ある程度「外から内へ」のラケットワークが必要になってくる。

今回はぜひ、その場でラケットとボールをイメージしながら、イメトレしてみて下さいね。

ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう

1.ラケット準備を、身体から離してみよう

決して、後ろにテイクバックする、訳ではありません。

しっかりと肘を伸ばして、少し顔から遠い位置にラケットをセットしてみて下さい。

後ろではなく、上方向に近い感じ。

そして、その顔とラケットの間に、ボールが来るように調整してみる。

これだけで、きっとボレーはバッチリコントロール出来ます。

ハイボレー、ミドルボレーでは、特にこの基本が大事。

ボールをどの位置にセットするのか、でボレーの安定感は変わる。

ボールの外側をラケットで触る、ことが出来ればコントロールも良くなります。

はい、これは間違いなく言えると思います。

2.ボールは打つのではなく、包み込むイメージで

私はいつも、このイメージでボレーしています。

ラケットと自分の顔、の間にボールをセットする。

実際はラケットでボールを打ちますが、身体全体でも包み込むようにして動いていく。

そうすると、すごく柔らかいショットも打てるようになるんですよ。

ドロップボレーやロブボレー、のような緩急も使いやすいはず。

力んでしまう人は、ボールの真後ろにラケットが来る感じで、身体が寄っていない。

ぜひ、意識してみて下さい。

3.相手のボールが飛んで来る、その先の軌道を読んでいく

相手が打った瞬間に、自分はどう対応するのか。

どの打点で、どのコースに打つのか・・・を早めにイメージしましょう。

そうすると、自然とラケットセットは自分の外側、そこから内側に動いて来るラケットワークになるはず。

アウトサイドイン、外から内に、ラケットが入ってくる。

上から下に、抑えるようなボレーになると安定感も出て良いスライス回転もかかるはず。

コツは、脇を意識することです。

4.ラケットセットで脇を空けて、内側に寄せるときに締めていく

この動作、だけですね。

自分のラケットを持っている側の脇を、空けて、締める。

この動作で、外側から内側、上から下、に自然にラケットが動くはずです。

ボレーの動作って、こういう動作が基本。

そうすると、自然にボールの外側にラケットが入りますよね。

ラケットの先は、上方向に向いてヘッドが落ちない。

どうでしょう。

イメージ湧いて来ましたか?

ボレーを難しくしているのは、きっとアナタ自身です。

余計なことをしようとしているか、ラケット準備がおかしい。

そして、パワーで勝負しようとしている・・・んじゃないでしょうか。

外側から内側、にラケットを動かすだけで、実は力は充分に伝わります。

オンコート以外でも、ぜひイメトレしてみて下さい。

ラケット動作、ボレーでも素振り、大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス 戦術

    ボレー

    沈められるって、実はチャンス

    みなさんは試合で前に出る、ネットに詰めて沈められると…どうですか?…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!

    試合の緊張した場面、ここぞというポイント。そんな場面でこそネッ…

  4. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にすることで壁が出来る!

    フォアハンドストローク同様に、フォアハンドボレーも簡単なようで難しい。…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう
  2. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる
  5. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要…
PAGE TOP