テニス ストローク

ロブ

本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

試合に有効な「ロブ」という選択。

ダブルスではもはや必須、シングルスでも相手のネットプレーを足止め出来る、本当に大事なショットです。

ですが皆さん、しっかりロブを「打った後」の動きを計算出来てますか?

ほとんどの方が、「自分が打ったロブの軌道」を不安そうに見ているだけで、頭の中が自分のことばかり。

もっと次、相手がどうしてくるのかまでイメージして打つようにしないと、せっかくのロブが活きない。

危機感を持って、この記事を読んでみて下さい。

 

本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

 


 

■ロブが抜けてから考える、では遅い!

ダブルスでよくあるのが、ストレートにロブを打って、その場でジーッとしている人。

抜けてから前にいく?それだと全然、遅いです。

自分のショットをもっと信用して、抜けたと仮定してしっかり動く、前に詰める。

もし相手が届きそうなら、そこで止まって備えれば良い。

ロブが抜けてから、動き出す・・・という考えは、卒業しましょう!

 

■ロブに追い付いて、まずゆっくり返球くるのか、強気に打ってくるのか?

相手の返球イメージ、はロブを打つ前から持っておくことが大事。

初めて対戦する相手なら序盤で観察できるように、早めに1回ロブを使いましょう。

その時に、追い付いたら安全策でくるのか、それとも思い切った攻撃で強気に打ってくるのか・・・を、確認しておく。

ロブは抜けてから、が勝負。

そこからどう展開していくのかを、ダブルスならペアでしっかり話しておきましょう。

結論が出ないままにロブを打って、そのショット自体は上手くいっても・・・ポイントを獲る詰めの甘さが出てしまうともったいない、です。

 

■ダブルスならパートナーとの連携が大事!

少し触れましたが、ロブを使うのはダブルスのほうが多いでしょう。

そのときに、どういうロブで攻撃していくのかをペアと確認しておく。

「触らせるロブ」にするのか、触らせたらその後、どう展開していくのか・・・。

つまり、ロブの次の動きまでは相手の動きを想定し、自分たちのポジションや展開方法を考えておきましょう。

難しく考えることはありません。

ロブの次、をどうするか、どこで待つのかを考えておきましょう。

 

「なんだか難しいな・・・」と思った方、面倒ですよね、作戦考えるのって。

でも、少し考えるだけで、絶対にロブは一回り大きく、使える武器になる。

他のペアが考えていないペアが多い中で、アナタのペアが少しだけ強くなる。

これが重なっていくことで、試合に勝てるようになるのです。

ロブのような渋いショット、テニスでは作戦との相性バッチリ。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  2. テニス フットワーク

    ロブ

    前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ

    ダブルスの試合でのロブ、って、基本的に「前衛の上」に打ちますよね。…

  3. ロブ

    ロブを打って良い風、を見極めよう

    屋外の試合で、ロブを打つ。このロブが上手くコントロール出来れ…

  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

  5. ロブ

    合わせるロブから、振り切るロブへ

    ロブを打って、相手を攻める、崩す。これは、ダブルスの試合では必…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

特集記事

  1. サーブ

    相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」して…
  2. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践…
  5. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応…
PAGE TOP