テニス ストローク

ロブ

本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

試合に有効な「ロブ」という選択。

ダブルスではもはや必須、シングルスでも相手のネットプレーを足止め出来る、本当に大事なショットです。

ですが皆さん、しっかりロブを「打った後」の動きを計算出来てますか?

ほとんどの方が、「自分が打ったロブの軌道」を不安そうに見ているだけで、頭の中が自分のことばかり。

もっと次、相手がどうしてくるのかまでイメージして打つようにしないと、せっかくのロブが活きない。

危機感を持って、この記事を読んでみて下さい。

 

本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

 


 

■ロブが抜けてから考える、では遅い!

ダブルスでよくあるのが、ストレートにロブを打って、その場でジーッとしている人。

抜けてから前にいく?それだと全然、遅いです。

自分のショットをもっと信用して、抜けたと仮定してしっかり動く、前に詰める。

もし相手が届きそうなら、そこで止まって備えれば良い。

ロブが抜けてから、動き出す・・・という考えは、卒業しましょう!

 

■ロブに追い付いて、まずゆっくり返球くるのか、強気に打ってくるのか?

相手の返球イメージ、はロブを打つ前から持っておくことが大事。

初めて対戦する相手なら序盤で観察できるように、早めに1回ロブを使いましょう。

その時に、追い付いたら安全策でくるのか、それとも思い切った攻撃で強気に打ってくるのか・・・を、確認しておく。

ロブは抜けてから、が勝負。

そこからどう展開していくのかを、ダブルスならペアでしっかり話しておきましょう。

結論が出ないままにロブを打って、そのショット自体は上手くいっても・・・ポイントを獲る詰めの甘さが出てしまうともったいない、です。

 

■ダブルスならパートナーとの連携が大事!

少し触れましたが、ロブを使うのはダブルスのほうが多いでしょう。

そのときに、どういうロブで攻撃していくのかをペアと確認しておく。

「触らせるロブ」にするのか、触らせたらその後、どう展開していくのか・・・。

つまり、ロブの次の動きまでは相手の動きを想定し、自分たちのポジションや展開方法を考えておきましょう。

難しく考えることはありません。

ロブの次、をどうするか、どこで待つのかを考えておきましょう。

 

「なんだか難しいな・・・」と思った方、面倒ですよね、作戦考えるのって。

でも、少し考えるだけで、絶対にロブは一回り大きく、使える武器になる。

他のペアが考えていないペアが多い中で、アナタのペアが少しだけ強くなる。

これが重なっていくことで、試合に勝てるようになるのです。

ロブのような渋いショット、テニスでは作戦との相性バッチリ。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す

    シングルスでもダブルスでも、ロブを打たれる機会は試合である。そ…

  2. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  3. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

    相手が2人前に来る、並行陣を取られると辛いと感じているみなさん。…

  4. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?

    相手にロブを打たれて、下がって下がって、落としてみると・・・「やばい!…

  5. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です

    ミックスダブルスの試合、常套手段なのに・・・。意外とやる人、少…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する

    ロブを上げる時はどんな球種を使っている?トップスピン?…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?
  2. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ
  3. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
  4. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない
  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?
PAGE TOP