テニス サーブ

ダブルス

並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレーで待つ」意識が大事です

今回はダブルスで並行陣で頑張る方に、大事なポイント。

ファーストボレーを打つときに、どんなことを意識すると安定感がアップするのか・・・を考えると、改めてダブルスの基本に立ち返ることが出来る。

そう、しっかりポジションをセンターに絞ることで、ネットプレーも楽になる。

ぜひ、意識して試合で使えるサーブ&ボレー、磨いてみて下さい。

 

並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレーで待つ」意識が大事です

 


 

■コートの外側に立つと、並行陣は厳しい

並行陣では、どうしても2人の間、センターを攻撃されやすくなります。

その為に、出来るだけサーブ&ボレーをしてそのまま後衛のポジションに入る選手、がセンター寄りのポジションを確保したい。

そう考えると、サーブを打つ位置も変わってきますよね。

ワイドよりはセンターに近い位置、からサーブを打って、そのまま前に走るくらいの意識で良いでしょう。

 

■意識は外側のボレー、でファーストボレーをするイメージで

例えば右利きの方、のデュースサイドであれば、基本はフォアハンドボレー。

フォアボレーで打てると、非常に並行陣のバランスが良い。

バックボレーになると、それは崩されていると思った方が良いでしょう。

センターのボールを後衛が触る、というのは並行陣にとって危ない。

前衛が触るべき、ポーチに出るべきボールに触れていないということ、と理解して修正していきましょう。

 

■アドバンテージサイドでは、バックボレーが主役に

そして逆サイド、アドバンテージサイドでは、右利きの選手はバックハンドボレーが主役になる。

外側でボールをさばけていると、打てるコースが広いので相手前衛の足止めもしやすい。

ぜひ意識して、「外側」を空けて待つようにしてみて下さい。

「ショートクロスが来たら・・・?」と考えた方、大丈夫。

ショートクロスは少し速度が遅いショットですので、しっかりケアしていれば触れます。

アレーに飛んでくるような、相手のスーパーショットは捨てましょう。

守るべきはセンターと、ストレートロブのケア、です。

 

後衛の選手の守備範囲、がすなわち並行陣の守備力になる。

それは技術だけでなくポジショニングによっても、大きく左右されます。

並行陣でどうも相手から攻撃されやすい、人はセンター寄りに意識を強く持ちましょう。

きっとボールを楽に触れる機会、グッと増えるはずです。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

    ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。確かにそうですが、そ…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる

    ダブルスでペアを組んでいる選手同士、は様々な人間関係がベースになってい…

  4. ダブルス

    リターンゲームで、ストレートへ打つタイミングは?

    私は何度も、「リターンからストレートへの展開」が重要と書いて来ました…

  5. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

  6. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題について

    ダブルスの試合、どうにも勝てないペアはどこかおかしい。仲間を助…

特集記事

  1. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」…
  2. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  3. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう
  4. メンタル

    勝てる人の、振る舞い方の特徴
  5. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
PAGE TOP