テニス サーブ

ダブルス

並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレーで待つ」意識が大事です

今回はダブルスで並行陣で頑張る方に、大事なポイント。

ファーストボレーを打つときに、どんなことを意識すると安定感がアップするのか・・・を考えると、改めてダブルスの基本に立ち返ることが出来る。

そう、しっかりポジションをセンターに絞ることで、ネットプレーも楽になる。

ぜひ、意識して試合で使えるサーブ&ボレー、磨いてみて下さい。

 

並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレーで待つ」意識が大事です

 


 

■コートの外側に立つと、並行陣は厳しい

並行陣では、どうしても2人の間、センターを攻撃されやすくなります。

その為に、出来るだけサーブ&ボレーをしてそのまま後衛のポジションに入る選手、がセンター寄りのポジションを確保したい。

そう考えると、サーブを打つ位置も変わってきますよね。

ワイドよりはセンターに近い位置、からサーブを打って、そのまま前に走るくらいの意識で良いでしょう。

 

■意識は外側のボレー、でファーストボレーをするイメージで

例えば右利きの方、のデュースサイドであれば、基本はフォアハンドボレー。

フォアボレーで打てると、非常に並行陣のバランスが良い。

バックボレーになると、それは崩されていると思った方が良いでしょう。

センターのボールを後衛が触る、というのは並行陣にとって危ない。

前衛が触るべき、ポーチに出るべきボールに触れていないということ、と理解して修正していきましょう。

 

■アドバンテージサイドでは、バックボレーが主役に

そして逆サイド、アドバンテージサイドでは、右利きの選手はバックハンドボレーが主役になる。

外側でボールをさばけていると、打てるコースが広いので相手前衛の足止めもしやすい。

ぜひ意識して、「外側」を空けて待つようにしてみて下さい。

「ショートクロスが来たら・・・?」と考えた方、大丈夫。

ショートクロスは少し速度が遅いショットですので、しっかりケアしていれば触れます。

アレーに飛んでくるような、相手のスーパーショットは捨てましょう。

守るべきはセンターと、ストレートロブのケア、です。

 

後衛の選手の守備範囲、がすなわち並行陣の守備力になる。

それは技術だけでなくポジショニングによっても、大きく左右されます。

並行陣でどうも相手から攻撃されやすい、人はセンター寄りに意識を強く持ちましょう。

きっとボールを楽に触れる機会、グッと増えるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. ダブルス

    ポーチに出ないと発生する、ダブルスでのデメリット5つ

    ダブルスの前衛は、動きましょう!これが、私からずっと発し続け…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

    テニスでは攻撃されて苦しいときに、一旦逃げるようにしてボールをコントロ…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    勝てるダブルスペアの雰囲気、はどすれば生まれる?

    どうも、ダブルスの試合で負け癖が付き始めた・・・と、気になっているみ…

  4. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

    ダブルスの試合、ペアでスコアに応じた作戦、皆さんはどうでしょうか?…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

    ダブルスの試合で、2人でネットプレーに挑む並行陣。なかなか学生…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?…
  2. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?
  3. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法
  5. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?
PAGE TOP