テニス メンタル

戦術

見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね。

テニスの試合に出ていると、そんなことに試合の後に気付く、ことが多いと思います。

ある意味、それも相手の作戦かも知れない。

ネットを挟んで戦う、訳ですからね。

そもそも、相手の優しさなんて期待してはいけないのです。

 

見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

 


 

「内に秘めた闘志」を、見抜こう!

なぜか、おっとりして優しそう、体格も小さい・・・のに、試合で勝っていく人。

皆さんの周りにも多いんじゃないでしょうか。

勝っていく、強い選手には必ず理由がある。

闘志を内に秘めて、周りには決して見せようとしない。

だからこそ、相手はちょっとやり辛い。

そう思っているうちに、どんどん試合が進んで負けてしまう・・・こと、ありますよね。

対戦相手の内に秘めた闘志、に気付かないと。

そして自分も燃えていかないと、テニスの試合って勝てないのです。

 

「この選手は、なんで勝っているんだろう」と、考える癖を付けよう

特に、シード選手と戦うとき、ですね。

見かけは大したことなさそう、優しそうな人は、「なぜ、勝っているのか?」を考えてみる。

きっと、そこには大きな理由があるはずですから。

プロのスポーツ選手でも、体格が小さい選手ほど、メンタルが強い、闘志が凄い。

だって、そうじゃないと結果を残せないですからね。

どこか、まだアナタ自身相手を「見た目と雰囲気」だけで判断してしまうことはありませんか?

それって、危険。

危険過ぎるんです。

 

優しそうな相手は、適度に刺激してみよう

これは、私からの提案です。

相手を揺さぶる、そして自分からも少し声を出してみる。

試合の中で、相手のペースで進行するのではなく、自分から相手に「勝負しよう!」とけしかけてみる。

こういう意識、特に闘志を隠している、内に秘めている相手には大事です。

優しそうな相手の、ゆったりしたペース、で試合を進めても勝ち目はない。

そんなときに、アナタは何か試合を動かす術、を持ってますか?

駆け引きを挑んだり、ドロップやロブ、ストレートアタックで「けしかけてみる」ことも大事。

見かけに寄らない、ならその本性をさらけ出してもらいましょう。

 

ちょっとしたことですが、こういう感覚が養われてくると、テニスは試合が面白くなる。

見かけに寄らない相手、に勝てるようになる。

そうなると、どんどん自分のプレーの幅も広がっていくはずです。

テニスは、そもそも熱い、燃えるスポーツ。

闘志を燃やして、相手と戦っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

  2. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

    試合の中で、自分のペースを作りたい。細かいことは考えずに、何か…

  3. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント

    試合の中で、相手が打つコースを予測する。簡単なようで、テニスは…

  4. テニス 練習

    戦術

    試合でリードしたときに、それを手放さないようにする為に必要な5つの意識

    試合でリードしても、途中で追い付かれて負けてしまう・・・まくられる癖、…

  5. 戦術

    しつこいくらいに継続して、初めてプレッシャーになる

    試合で動いても、相手が崩れてくれない。プレッシャーに感じてくれ…

  6. テニス ストローク

    戦術

    失敗を恐れない相手ほど、試合で怖いものは無い

    対戦するときに、嫌な相手。それって、どんな相手でしょう?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  2. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそ…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入…
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ
  5. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありま…
PAGE TOP